« 辻村深月著 ”朝が来る” ☆ | トップページ | ”地震報道、ネット連携に光” 津田大介 »

2016年4月27日 (水)

池井戸 潤著 ”空飛ぶタイヤ” ★



71dtcymnjxl



  『内容
   名門巨大企業vs.弱小運送会社
   ひとつの命をめぐる感動巨編

   走行中のトレーラーから外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。
   タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも……。
   自動車会社、銀行、警察、記者、被害者の家族ら、事故に関わった人たちの思惑と苦悩。
   「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともに事故の真相に迫る。
   圧倒的感動を呼ぶエンターテインメント巨編!』



三菱自動車のリコール隠し、横浜母子3人死傷事故がモチーフになった作品です。
「半沢直樹」シリーズを彷彿とさせる、勧善懲悪の物語、
一気に読ませる見事な一冊、


先人たちが営々と築き上げたブランドを信用を、なぜ、守れないのか、
くり返される不祥事に、
失われた命の無念さを思います、、、

★★★★★







« 辻村深月著 ”朝が来る” ☆ | トップページ | ”地震報道、ネット連携に光” 津田大介 »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻村深月著 ”朝が来る” ☆ | トップページ | ”地震報道、ネット連携に光” 津田大介 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ