« うわさの、”沼サン”、作っちゃいました♪ | トップページ | 浅田 次郎著 ”日本の「運命」について語ろう ” ☆ »

2016年3月 7日 (月)

完璧をめざさない、ちょっとゆるいキッチンの収納



13_002s


長い間、お世話になった、スパイスラックです。
昔、通っていた成城学園前の陶芸教室の近くの雑貨店でひとめぼれして以来、
30年間、ほんとうに重宝しました、、、

上に、ほうじ茶、煎茶、玄米茶と茶筒を三つ乗せて、
上段に、安い塩(調理用)、砂糖、高い塩(調味用)
中段は、スパイス、
下段に、片栗粉、薄力粉、輪ゴム、、、
それぞれに、大さじ、または、小さじを入れておき、
左手でつまみを持って引き出し、右手で計量スプーンですくって、ケースの角で、すり切りにできるので、

それはもう、すごく使い勝手が良くて、とっても気に入っておりましたが、
塗装がはがれ、角がすり減りだいぶ古ぼけてきましたし、
新しいキッチンにはこのラックを置く場所がないのです、、、








22_010


そこで、キッチンのリフォームに伴って、思い切ってリニューアルすることにしました!
調味料や食材の保存容器に候補にしたのが、OXOとフレッシュロックのふたつです。
スタイリッシュなのは、OXOですが、
引き出したとき、上から中身(残量)が見えることと、
OXOの高さが8の倍数で、タカラのレミューの内寸と相性がいまひとつなことで、
フレッシュロックにしました。
近所のスーパーのOKに、五種類置いてあるのを見つけて、
しかも35%オフなので、試しに、300ml500mlと、1.1ℓのみっつを買ってみました。

一番よく使う、塩、砂糖、茶葉、などは、、、













038s


一番よく使う、塩、砂糖、茶葉、などは、
シンクキャビネットの、「うちにもホーロートレイ」に置くことにしました。
ここの高さが、15cm弱でしたので、フレッシュロックの500をと思ったのですが、
残念なことに、わずか数ミリの差で収めることができませんでした。

そこで、800mlにしたところ、すんなり収まり、しかも、座りもよく、
500
ですと、容器の中に手が入らなかったのが、
800
なら、広口で手が入るので気持ちよく中も洗えるし、ダンゼン使い勝手も良いことに気がつきました。
800は、店舗にもよりますが、ニトリにあり、品数は豊富ですが、安いのはOKです)

300には、鷹の爪をいれました、が、
貧乏性で空き瓶を溜めこんでいる私には、300は、不要でした。









27_021


同じくたったひとつ買った500は、片栗粉(300g)がぴったりでしたので、調理台キャビネットに、、、
こちらの引き出しには、1.1ℓが収まりますが、あまり隙間があると湿気そうな気がして、
500g
の全粒粉や大豆、天ぷら粉がちょうど収まる、800にしました。

結局、始めに買った三つのほかは、1.1ℓと2.7ℓをひとつずつと、あとは全て800(ニトリで509円)でした。

 












033s


醤油、みりん、酒、酢、油など、ビン物はこちらに、、、
お醤油とお酢(米酢、醸造酢、すし酢)は、リターナブルビンの、生活クラブ、
お酒とみりんは、一升瓶で買って、720mlビンに入れ替えて使ってます。
一升瓶は、リターナブルびんですので、酒屋さんで引き取ってくれます。
仕切りの奥は、洋酒とストックの調味料、常夜鍋 用の紙パック日本酒です。











045s_2



その下には、缶詰を、、、
こうして、日付を書き込んでおくと、どれがアニキなのか、一目瞭然です♪

生活クラブのビン入りのマヨネーズとケチャップのストックも、この奥に。
エコエコアザラシのおばさんは、無添加であることより、リターナブルびんであることにこだわります、











039s_2


保存容器は、こちらに、、、
基本、PYREX や、iwaki などの透明なガラス容器にしています。
冷蔵庫を開けたとき、あ、ブロッコリがあったんだ、と、すぐにわかるし、
そうだ、ほうれん草、お昼のラーメンにとか、おみそ汁にいれようとか、消費できるから、です、、、
・・・さもないと、食材を無駄にしてしまうことが多々あります、、、

ガラス容器は、傷がつかず衛生的ですが、、、その欠点は、、、割れることです、、、


スライドタイプは、フルオープンで、ソフトクローズ、サイドカバーもあり、
ほんとうに、使いやすくて、夢のようです、、、









16_012


システムキッチンの背面に、
この家を建てたとき、近所の大工さんに作ってもらったローキャビネットがあり、
そこに、
食器と乾物、リネンや薬、工具、ひも、古新聞、包装紙や紙袋、ビニール袋など雑多なものを収めています。

こちらは、ショートパスタ、グラニュ糖、黒砂糖、干しエビや、小豆など乾物の引き出しです。
詰め替え用などなかった昔の、インスタントコーヒーの空き瓶でストックしています。
(オーダーメイドですから、この引き出しは、この空き瓶が収まる深さにして頂きました)

・・・と、まぁ、きれいなところだけ、アップしました、(^^ゞ
ほかにも、台所の雑貨や、空き瓶をごちゃごちゃしまってるところ、
使いかけの食材の袋を、セロテープでとめて、ごちゃごちゃにつっこんであるところなど、あります、



ネットで一分の隙もなく完璧に収納していらっしゃるお方をお見かけするたび、感心します。
わたしは、というと、、、じつは、すごい完璧主義者なのです。
なにもかもすべて、そろいの容器に収めてきっちり並べたくなる、のです、、、
なので、わたしが凝ると、すごくめんどくさいことになります、、、
そういう自分に、うんざりしているのです、、、
それで、、、完璧を目指さないことにしております、、、

だって、それやってると、すご~くつかれるンですもの、、、
ろくなことにならない、というか、、、
ですから、ま、いっか~と、
自分をだましだまし、ごまかしながら、暮らしております、、、




・干し椎茸(100g)は、2.7ℓ、パン粉は、1.1ℓ、このふたつは、こちらに、、、

・わが家のリフォームしたキッチンは、こちらから、、、










« うわさの、”沼サン”、作っちゃいました♪ | トップページ | 浅田 次郎著 ”日本の「運命」について語ろう ” ☆ »

主婦のしごと」カテゴリの記事

コメント

絶句、、、
あまりに整理整頓されたキッチンに言葉がありません。プロですネ!
大雑把な几帳面の私には、ため息がでるばかりです。
凄い!凄すぎる!


おばさん漁師さん、
おばさん漁師さんのキッチンの三分の一の広さに、
ムリクリ、押し込んでおります!、
テトリスの腕の見せ所であります、、、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うわさの、”沼サン”、作っちゃいました♪ | トップページ | 浅田 次郎著 ”日本の「運命」について語ろう ” ☆ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ