« 四年前の約束、、、気仙沼、アンカーコーヒー | トップページ | 飛鳥Ⅱ、南西諸島・台湾クルーズ、クルーズライフの巻 »

2015年12月 9日 (水)

飛鳥Ⅱ乗船記、南西諸島・台湾クルーズ 



S042n


就航25周年を迎えた飛鳥クルーズ。
25
周年を記念して、25OFF対象のこのクルーズ、
ほかに早割10%、リピーター割引などで、約4割引きになるこの機会に、、、












S054


11
23()、 横浜 17:00 出港












S070






S074



タグボート、KURAMA のサポートで離岸します。












S021



           16
45、セイル・アウェイパーティ、プロムナードデッキ(7












S025



今回のクルーズは、かな~り揺れました、、、
ローリングする船のシャンパングラスは、プラスチック製です。

さぁ、これから、1213日を過ごすお部屋は、、、
















S001



お部屋は、ホライズンデッキ、8階のEバルコニー。
飛鳥はノーチップ制ですが、
あんまりキャビンスチュワーデスの Jさんがいい人なので、枕銭を入れました、
こんなことするのは日本人だけとも聞きましたが、わたしは、日本人なので、、、(^^

翌日、廊下で Jさんとすれ違ったとき、一瞬何のことか分からなかったくらいの手放しのお喜びように、
うちのおじさんも、長いクルーズに備えて、ありったけの百円玉を供出したのでありました、、、












S485


船尾に近いお部屋でしたので、デッキが少し広くなっていました。
寒くて風も強かったので、あまりデッキに出ている時間はなかったのが残念です。












S142


前回、せんちゃさんより、このお花の名まえをおしえて戴きました。
・・・答えは、こちらから、、、







 

S996


飛鳥IIでは船上ウエディングもあると聞いておりましたが、今回運よく!、
たくさんのゲストに囲まれたお幸せな門出のおふたりを、
パームコートのあふれる陽光が祝福しているかのようでした、、、










S236




「ハッピークルー、ハッピーシップ、ハッピーゲスト」という言葉は言い古されてきましたが、
 
一番要となるのはクルー。
 
クルーがよくなければ船をいくら豪華にしてもダメなんです。
 
みんなで目指したファイブスターのサービスが、25年経ってこうして飛鳥Ⅱに続いている、
 
それが本当にうれしいです。
 
                                     初代船長 稲垣 孟氏












S1494n

                                    飛鳥Ⅱの乗客、800名に対して、乗員はなんと470名。
                                     この数字が、飛鳥Ⅱの全てを物語っています、、、













Tky201107270256


いつかは、飛鳥に、、、この私が、こころを決めた、一枚の写真、それがこれです、、、

国際港湾都市、大船渡に、飛鳥は1992年から度々寄港しては、
その度に、お心づくしの大歓迎を受けてきたそうです。
そして、2011311日の東日本大震災。
そのわずか四か月後の7月の雨の中、大船渡に入港した、思わず息をのむ飛鳥の雄姿です、、、




・飛鳥Ⅱ、南西諸島・台湾クルーズ
     クルーズライフは、、、こちらから、、、   
               朝ごはん、お昼ごはん、おやつ、お夜食の巻は、こちらから、、、
     夕ご飯は、こちらから、、、
















« 四年前の約束、、、気仙沼、アンカーコーヒー | トップページ | 飛鳥Ⅱ、南西諸島・台湾クルーズ、クルーズライフの巻 »

飛鳥Ⅱ 乗船記」カテゴリの記事

コメント

うわぁ~~~、飛鳥!
しかも約2週間の船旅なんて、憧れます~~~!!

飛鳥乗船記、楽しみです!!!

えびふらいさん、
ゴージャスな超大型外国客船とは比べるべくもない、
5万トンの小さな船ですが、、、
日本の船には、日本の船の良さがあります、(*^_^*)

いつか、きっと、チャレンジしてください♪、、、
お子様たちが、巣立ってから、
ご夫婦お二人で、の~んびり、ゆ~ったり、、、(^_-)-☆

行かれたのですね。
今回は如何でしたか?
これから続く続編を楽しみにしています。

おじさん、
行ってまいりました~♪
このクルーズは、、、ゆれました~!、

寄港地といい、季宜といい、素晴らしい航海でしたね!!

加へて カメラマン (カメラ・ウイメン?) の腕前も秀逸。 プロですねー。

香々地三郎様、
ありがとうございます、(^-^)
ほんとうに素晴らしい航海でした、が、、、ゆれました~!、、、
特に、神戸→台湾が、、、(*_*)

うちのおじさんは、じつは、元プロのカメラマンです♪
専門は、ファッションでしたが、、、(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四年前の約束、、、気仙沼、アンカーコーヒー | トップページ | 飛鳥Ⅱ、南西諸島・台湾クルーズ、クルーズライフの巻 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ