« 麗子さんの黒豆の炊き方 | トップページ | 初詣 »

2015年12月31日 (木)

沖縄 美ら海水族館



Va00


飛鳥Ⅱ、南西諸島・台湾クルーズ、那覇で一夜を明かし、12/1()、
この写真に心を奪われたわたしは、飛鳥のOPで、美ら海(ちゅらうみ)水族館へ、、、











V1315


            「黒潮の海」大水槽を悠然と泳ぎ廻る巨大な三匹のジンベエザメ、、、











V1243


               想像をはるかに超える大きな感動に包まれます、、、











V1233


優雅な舞を見せてくれます、、、

そして、、、downwardleft









 







V1306

       まるで海底から見上げているかのような、、引き込まれそうなアクアルームで、、、











V1309










V1311


                  見飽きることのない、魚たちのロンド












V1330n



いよいよ、オキちゃん劇場の始まりです♪
大人気のイルカショーのため、広い会場は、ほぼ満席。
オープニングは、イルカたちのかわいい合唱、、、note











V1362

                  スーパージャ~ンプ!













V1377



                    うわぁ、、、!











V1384



       こうして見ると、ひとりだけ、シンクロしてない子がいて、それがまたかわいぃ、、、











V1396













V1406_2


人とイルカが一体となって繰りひろげるコミカルでダイナミックな素晴らしいショー、
あっという間の20分は、
人々の歓声と笑い声、大きな拍手に包まれていました、shine
・・・しかも、これだけのショーが、館外に設置された施設のため、無料です!











V1411



イルカラグーンでは、こんな間近にイルカをじっくりと観察できます!
手を伸ばせばさわれそうなくらいに、、、
どうやって、こんなに見事な芸を仕込むのかなど、興味深いお話しを伺うことが出来ます。
イルカショーに比べると人もまばらなので、おススメです!、shine











V1431

                  素晴らしい身体能力ですが、、、、

            イルカたちは、互いにかみ合うそうで、傷だらけです、、、
             自然界のイルカたちも、やはりそうなのでしょうか、、、
        かわいくて、楽しいショーのあと、ふと、考えさせられてしまいました、、、












V1220


大迫力のジンベエザメ、よく仕込まれて、かわいいイルカたち、
サンゴに、熱帯魚や深海魚、ウミガメやマナティー、、、、
素晴らしい美ら海水族館に大感激、大満足でした!、crown

・・・が、たったひとつ残念だったのが、お食事です、、、










Vabo011



この絶好のロケーションのカフェ、「オーシャンブルー」でランチを戴きましたが、
ペラペラのプラのお皿に、プラのフォークが添えられて
お会計を済ませたと同時にパスタができてきました。

食後は、備え付けのゴミ箱に食器をポイ、、、
これは、なんとも味気なく、しかも、お世辞にもおいしいとは言えず、、、
ここでのランチを楽しみにしていただけに、とても残念でした。

バラエティに富んだ巨大な水族館の維持管理に、注力なさり、
飲食部門は、その道のプロに外注なさるというのも一手ではないか、と思いました、、、
これだけの場所は、そうあるものではありません!、
出店希望の人気店は、目白押しだと存じます、、、

                       (一枚目とこの写真は、HPよりお借りしました)











V1003


最後の寄港地、古仁屋には、残念ながら強風の為上陸できず、
飛鳥Ⅱは、12/5()10時に横浜に入港しました。

12
13日、夢のようなクルーズでした、、、


最後になりましたが、郵船トラベルの中村様、
チケットの手配など、こまごまといろいろとお世話になり、ありがとうございました、heart04
















« 麗子さんの黒豆の炊き方 | トップページ | 初詣 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

きぬえさん~♪

ホントに素敵で夢のようなクルーズを垣間見させて貰って、幸せです。
お目にかかったこともないのに親近感を感じて・・・
こうして勝手に身近に思うのは、厚かましい大阪の「おばはん」だからですね?!

いつも、きぬえさんの”ひとりごと”を楽しみにしています。
来年もよろしくお願いします。
ほんまに自分勝手に今年もお世話になりました。

浪速の空の下、きぬえさんを応援してまっせ!

typhoon浪速リボン♪さん♡
うわ!、(●^o^●)
うち、めっちゃ、うれしいわ~!

ひとり相撲の横浜のおばはんは、
うれしいコメントにスッカリチャージしちゃって、
また、今年も、こつこつとがんばっちゃいますから~♪、

おおきに!
(^-^)、(*^_^*)、(*^。^*)

あけましておめでとうございます。

水族館も堪能されていますね。
地味すぎてあまり表には出てきませんが、日本のアクリル技術の賜物です。

小さな魚でも想像以上に個性や感情?がありますよ。
例えば、鯉は穏やかで平和の象徴とまで言われますが、金魚はいじめもします。
決して人間だけが感情豊かというわけでもないのがビックリです。

今年もおばさんの辛めのつぶやきとおじさんの物言う写真を期待しています。
では、今年もよろしくお願いいたします。


typhoonおじさん、
あけましておめでとうございます。

アクリル技術の番組をテレビで見たことがあります。
何層にも重ねているのに、糊面が全く見えないこと、
そして、濁りがまったくないこと、
諸外国にも、輸出していること、、、

驚きの連続でした、、、

それでは、
今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 麗子さんの黒豆の炊き方 | トップページ | 初詣 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ