« Hikaru Private Cooking Class < 4月 > | トップページ | クリームシチュー de パスタ »

2015年4月13日 (月)

原田マハ著 ”太陽の棘(とげ)” ★



61aplhhbqyl_3



物語の背景
太平洋戦争で地上戦が行われ、荒土と化した沖縄。その那覇市首里に、
ニシムイ(北の森の意、首里城の北に位置した)と呼ばれた小さな美術村がかつて存在しました。

そこでは、のちに沖縄画壇を代表することになる、
玉那覇正吉、安次嶺金正、安谷屋正義、具志堅以徳といった画家たちが、
アトリエ兼自宅の小屋を作り、
肖像画や風景画などを売って生計を立てながら、同時に独自の創作活動をしました。

 
『太陽の棘』は、その史実を基に、画家たちと交流を深めた若き軍医の目を通して、
彼らとの美しき日々を描いた感動の長編です。
彼らは、いかに生き延び、美術に向き合い、取り組んだのか。
そして、大戦の傷跡のなか、日本とアメリカの狭間で揺れる沖縄。
また、困窮する生活と、創作活動の両立という困難。
さまざまなモチーフが絡み合うそれらは、
まさに沖縄の太陽のように身を焦がし、突き刺さる「棘」として、心を強く揺さぶります。

 



実話の部分が1割、フィクションが9割の、史実をもとにした作品。

この視点で向き合う、見知らぬ沖縄に、、、
打ちのめされる、、、一冊。

★★★★★


                          ・この本は市民図書でお借りしました




沖縄県民斯く戦えり、
それは、、、

















玉砕を覚悟した大田實・海軍少将(日本海軍沖縄方面根拠地隊司令官)が、
昭和2066日に海軍次官に宛てた電文の一部です、



沖縄県民斯く戦えり

・・・
これを要するに、陸海軍沖縄に進駐以来、終始一貫、勤労奉仕、

物資節約を強要せられつつ(一部はとかくの悪評なきにしもあらざるも)
ひたすら日本人としての御奉公の護を胸に抱きつつ、、、
・・・


一木一草焦土と化せん。
糧食6月一杯を支うるのみなりという。
沖縄県民斯く戦えり。
県民に対し、後世特別の御高配を賜らんことを。
 
 

                                        出典









« Hikaru Private Cooking Class < 4月 > | トップページ | クリームシチュー de パスタ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

きぬえさん
先日、この作者の”楽園のキャンバス”を読んだばかりです。
美術と言う魅力極まりない世界の、ミステリーとロマンのない混ざった
魅惑に満ちた作品のこと、改めて思い出しました。
きっと、きぬえさんも興味深く読んで下さるような気がします。
この作家の作品、読んでみたかったので嬉しいです。
ご紹介ありがとう~!

typhoonTaoさん、
楽園のキャンバス、読みましたよ~♪
ほら、あの、、、すごい乱丁本、、、(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Hikaru Private Cooking Class < 4月 > | トップページ | クリームシチュー de パスタ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ