« 飛鳥Ⅱ  朝食、昼食、軽食の巻 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 乗船記 クルーズライフの巻 »

2015年1月15日 (木)

飛鳥Ⅱ 乗船記 ゴダイゴ、落合シェフのイタリアンディナー

 

352n


18:00、たのしみにしていた、ゴダイゴのステージです。
 (撮影禁止の為、写真はなしです)
開演15分前にのこのこ出かけていったら、もう長蛇の列で、やっぱり、またしても、列の最後尾の初老の夫婦。

ふつうはやらないというカバーをいくつか、、、
ビートルズの、“I want to Hold Your Hand”、踊り出しそうになっちゃいました~、、、
モンキーズの、“Daydream Believer” 、わたしがソラで歌える唯一の英語の曲、大感激!、
ビリージョエルの、“Just the Way You are”、、、しんみり~、、、

そして、おなじみ、
Monkey Magic” 
Beautiful Name“ 
「ゴダイゴの大切な曲です!」 と、、、”ガンダーラ“ 
最後は、”銀河鉄道 999“ 

次々と繰り出される、耳に馴染んだヒットナンバーに、客席も大盛り上がりで、
見回すと、おじさんおばさん、みんなが笑顔に、、、
音楽っていいな、、、
なんだか、熱いものがこみ上げてきてしまった、おばさんでした、、、




 

 

 

427s_2


そのあとは、
予約の取れないことで知られる、「ラ・ベットラ」のオーナーシェフ、落合務氏による、イタリアンディナー♪
レストランジャーナリスト、犬養祐美子さんとの軽妙なトークショーで伺ったお話をさしはさみながら、
メニューを、、、





 





420s


まるで黒トリュフを思わせるコロッケ

  「自分は八百屋の息子なのに、野菜が嫌いなので、野菜はあまり入ってこない。
   とくに、人参は大嫌いなので、人参は出ません!、」
  「・・・そんなこと、言っていいんですか、、、
   いいんです!、他に食べるもの、いっぱいあります!」


 





 

432s

 


    魚介のサラダ コンソメゼリー

       「18
年間、3,800円のコースは一度も値上げしていませんが、
       その間には、材料、人件費、家賃、さまざまな諸経費は上がり続けております。
       そのためにも、こうして、僕はあちらこちらに、出張して頑張っております。」
 






 

435d

 

 

 




436n

 


ベットラ名物 雲丹のスパゲッティ

 「飛鳥で、ラ・ベットラの名物、雲丹のスパゲティをと言ったら、
  一度に400人分を出す船では出来ないと言われたけれど、10人前を30秒おきに、20分で作っています。

  スパゲティの秘訣は、茹でるお湯にあります。1.5%の塩分で茹でて下さい。
  うどんなど、他の麺類には、塩分が入っていますが、スパゲティにはないんです。
  スパゲティにある程度の塩分が無いと、味が決まらないのです。
  そして、スパゲティは、炒めません、和えるだけです。」

  ・パスタ、ではなく、終始、スパゲティと仰っていらしたのが印象に残りました。







 

439s_2

 

お魚入り蟹のスープ カルタファタ包み







 

442s_2

 


「一度に400人収容のレストラン、これは厨房からテーブルまでの動線がかなり長いことを意味しています。
 そこにまるで軍隊のように、30人くらいのウエイターさんが列を作っている。
 お料理が冷めないようにラップに包んでテーブルまで運び、そこで開けることで香りを存分に楽しめるように、

 また、運ぶとき、お客様のインフォーマルのお洒落なお洋服を汚したりしないように、、、」
 ・・・とのお計らい、、、
 







 

445s

 


       牛ほほ肉の煮込み セルクルで トリュフ風味のソース

       「レシピ本も何冊か出していますが、同じメニューでも、レシピは少しずつ変わっています。
         変わらないためには、変わらないとだめ、なのです、、、」









 

446s

 


マスカルポーネのムース 季節のフルーツ添え

この本で、「僕はボウルを抱えて、そのままスプーンで食べたくなるほど好き」と、
書いていらした、ロマノフだな、と思い出しながら、戴きました、


 「日本一予約がとれないレストランといわれていますが、平日のランチなら、それほどでもないんです、、
  ぜひ、お電話を!、
  あ、日曜日は、つながりません、、、定休日なので、、、
 (確かに、園子とサリーと三人で、 ラ・ベットラに伺ったとき は、わりと簡単に予約はとれました)


  レストランの扉は、非日常の世界への入り口、結界です。
  ラ・ベットラのドアは、今やすっかり有名人となった、橋本夕紀夫氏と探した明治時代の年代ものです。
  どうぞ、二重の魔法の扉を開けていらしてください、、、
  ・・・って、今その空間は、携帯室となってますが、、、

  僕は、B型、ビューティフルの、Bです♪」

                        ・・・あらまぁ、わたしと同じ、うれし♪、、、



飛鳥Ⅱ、クルーズライフは、、、こちらから、、、











 

« 飛鳥Ⅱ  朝食、昼食、軽食の巻 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 乗船記 クルーズライフの巻 »

飛鳥Ⅱ 乗船記」カテゴリの記事

コメント

大變 參考になりました。

飛鳥II は初めてなのですが、來週 小樽ー横濱 乘船豫定。
「夢人」さんのページに 数々 問題点の指摘があり 若干 心配してましたが、
これで一安心。 貴重な情報・寫眞ありがとうございました。

香々池三郎さま
bon voyage!、(*^_^*)

HP、拝見させていただきました。
素晴らしい旅行記の数々に見とれてしまいました、、、

船も、スタッフも、お料理も、みんな相性だと思います。
相性の良くない方も、いらっしゃるでしょうけれど、
私どもは、飛鳥の大ファンです、(*^_^*)


秋には、また、乗船を予定しております、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛鳥Ⅱ  朝食、昼食、軽食の巻 | トップページ | 飛鳥Ⅱ 乗船記 クルーズライフの巻 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ