« 吉祥寺、アムリタ食堂 | トップページ | 桐野 夏生著 ”ハピネス”  »

2014年11月 9日 (日)

カツ代さんの、ソース焼きそば



720_017


尊敬する、小林カツ代さんの、家庭で作る夜店風焼きそば、
作り方は、、、












①もやし(1袋)は洗って水けをきっておく。          
 
鍋を熱し、サラダ油(大さじ1)を加えて強火で豚薄切り肉(150g)を炒める。
 キャベツ(56)のざく切り、もやし、塩、こしょうを加え、ザッザッザッと炒めて、いったん取り出す。

②サラダ油(大さじ1)を足して麺(34)を入れ、
 ほぐれやすいように湯(1/4カップ)を回しいれてから焼きはじめる。
 全体がアツアツになったら炒めた野菜を戻してジャーッと中濃ソース(大さじ4)を加え、
 全体を強火で炒める。

③皿に盛りつけ、青のりをふり、紅ショウガを添える。


●カツ代メモ
夜店の大きな鉄板とちがい、家庭で一度に四人分の焼きそばを作るのはちょっと無理。
そこで具は炒めていったん取り出しておき、そばを焼いてから具を戻していっしょにする。
この方法なら家庭でも上手に焼きそばが作れます。






9784062069755_l


   
・出典 「小林カツ代の COOK BOOK

生まれて初めて買った料理本。散々お世話になりました、、、
カツ代さん、ほんとうにありがとうございます!、

















« 吉祥寺、アムリタ食堂 | トップページ | 桐野 夏生著 ”ハピネス”  »

クッキング(麺類)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉祥寺、アムリタ食堂 | トップページ | 桐野 夏生著 ”ハピネス”  »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ