« カキフライと、残ったキャベツの朝ごはん | トップページ | フランソワーズ・サガン著 ”悲しみよ こんにちは” »

2014年10月14日 (火)

お扇子の修理



003_2


更年期なおばさんの必須アイテム、お扇子。
これは、亡き母の形見です。
経年劣化とこの夏の酷使で、一か所破れてしまいました、、、
母はたくさん持っていましたので、捨てちゃおうかと思いましたが、
貧乏性のわたしは、、、













004


女子会のお土産でスダサンに戴いた、マスキングテープで、補修。
不思議とマッチして、驚くほど自然な仕上がり!、









005


補強の為、裏にも張ってみましたが、
薄いので、折り畳みに全く支障がなく、しかも、お洒落♪

スダサン、ありがとう♪、










« カキフライと、残ったキャベツの朝ごはん | トップページ | フランソワーズ・サガン著 ”悲しみよ こんにちは” »

もったいない、・・・の巻」カテゴリの記事

コメント

素敵なお扇子ですね。
きっと、お母上さまのお気に入りだったのでしょう。
大切なお形見に、斬新な補修を加えられて、きぬえさんと土牛さんの
見事なコラボで新しい命を吹き込まれ、唯一無二の生き生きした逸品が生まれましたね。
お見事!

F.サガン、私も夢中になりました。そして・・・・同じようになりました。
でも、あのめくるめく様な眩しさ、喜び、憧れ・・・、大人の世界を覗き判ったつもりになった
幼い満足感。 今でも蘇ります。
若いきぬえさんが、稚ない私が味わった喜びは確かだったの。
色あせない思い出は、そのままそっととっておきましょうね(^_-)

Taoさん、
ありがとうございます!、
いつも、わたしの気持ち、言いたいことを、わたし以上に、
的確に書き表してくださることに、感心し、舌を巻いております、、、

これからも、どうぞよろしくお願い致します、(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カキフライと、残ったキャベツの朝ごはん | トップページ | フランソワーズ・サガン著 ”悲しみよ こんにちは” »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ