« アマランサス(葉)の、中華ポン酢あえ | トップページ | 木皿 泉著 “昨夜のカレー、明日のパン” ☆ »

2014年6月28日 (土)

森永先生の和裁教室



Simg_9420



®
ん十年前、仕事の合間に新宿の伊勢丹で買い求めた、二千円のシルクウールの反物。
箪笥のこやしになっていたので、
電話帳で近所で仕立ててくれる人を探して、持って行ったら、
そこは、和裁のお教室でもありました・・・

 「お仕立て代は一万五千円、
  お教室でご自分で縫われるなら、お月謝は八千円」

迷わず、生徒になったのでした、(^^
週に三日、朝九時から正午まで、ひと月通って、
生まれて初めて縫った着物がこれです♪


それから、三年余り、先生が亡くなるまで、お教室に通い続けました。
針を持つ喜びを教わり、おしゃべりも、とても楽しく、
まさに至福の時を、ありえない格安のお月謝で過ごさせて頂きました・・・、

森永先生、ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございました。


  
帯は、沖縄で買い求めたミンサー織、
  帯揚げは、草木染の一日市民講座で、染めたものです。



                 ® 2008年にアップしたことのある、リユース記事でした














« アマランサス(葉)の、中華ポン酢あえ | トップページ | 木皿 泉著 “昨夜のカレー、明日のパン” ☆ »

和裁、着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマランサス(葉)の、中華ポン酢あえ | トップページ | 木皿 泉著 “昨夜のカレー、明日のパン” ☆ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ