« 老い支度、本棚の巻 | トップページ | 湯島 くろぎへ、、、 »

2014年3月26日 (水)

火事だ!、火を消せ!

Images5


森の消防士と言われる、イノシシ。
うちのおじさんは、そのイノシシ年。
何十年も前のある日、おじさんは六本木の事務所にいました。
ふとした不注意から、、、、




趣味のラジコンの燃料に引火してしまい、
あっという間に、事務所は火の海!!!

次の瞬間、
ロッカー、ソファ、机、イスなど、様々な家具を、ふっ飛ばし
燃え上がるカーペットを、一瞬にして、超人的な力で、巻き取っていたそうです。
普通なら、決して出来ない、まさに、火事場の馬鹿力!

壁の火を座布団でたたき消し、ふと見ると、
自分の足元に、火がついていたので、前夜の風呂の残り湯の事を思い出し、
そこに飛び込んで、消火したのだそうです。
足のやけどは、かなり深く、皮膚移植のため入院を、余儀なくされました。



消防署の人が、病院へ事情聴取にいらして、たいそう、驚いていたそうです、、、

   ”普通は逃げるのに、精一杯なのに、
  これほどの民間人の消火活動は、
  稀に見るほどで、実に、素晴らしい!
  表彰ものです・・・(^-^)

  ですが、、、、
   、、、誠に残念です、、、

   出火元が、、、、、あなただった・・・・”




                  ® 2008年にアップしたことのあるリユース記事でした







« 老い支度、本棚の巻 | トップページ | 湯島 くろぎへ、、、 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

優れたサバイバル能力をお持ちの頼れるご主人様で、
きぬえさん幸せですね。うらやましいです~☆

今回のこの記事も文章がいいですね。
全体の構成や読みやすさそれにもちろん内容も、
全てがとてもいいなぁ~。

それにしても、消防署の方!
そんな事言わずに、ちゃんと表彰してください。

junkoさん、
いつも、ありがとうございます、(*^。^*)
イノシシって、ほんとうに、森の中で
焚き火とかしてると、消しちゃうんですよ、、、!
消防署の方は、個人的には、主人に、
表彰状を渡せないのが、つくづく残念そうだったそうです、、(^-^)


さすが文学少女のきぬえさん。 消火の場面など
臨場感で手に汗にぎるものがあります。
ご主人と水のストックがあれば地震も怖くないですね。

ahbonさん、
ありがとうございます~♪
でも、こんな短い文章でそれほどの臨場感を覚えるというのは、
ahbonさんの感受性と想像力が並外れているから、です、(^-^)

わが家は窓が多くて、古いし、たぶん
大地震がきたら、つぶれて死んでると思います、(^^ゞ
お水は遊びまわっていて外に居るだろう、子供たちの為、かな?
それにしても、火事場の馬鹿力って、ほんとうにあるんですね~!
ふだんのおじさんからは、想像もできない、です、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老い支度、本棚の巻 | トップページ | 湯島 くろぎへ、、、 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ