« 熊谷達也著 ”邂逅の森” ★ | トップページ | 中島京子著 “小さいおうち” ☆ »

2014年1月 9日 (木)

原田マハ著 ”楽園のカンヴァス”



001


内容(「BOOK」データベースより)
ニューヨーク近代美術館の学芸員ティム・ブラウンは、スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。

MoMA
が所蔵する、素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。
その名作とほぼ同じ構図、同じタッチの作が目の前にある。
持ち主の大富豪は、真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言、ヒントとして謎の古書を手渡した。
好敵手は日本人研究者の早川織絵。リミットは七日間―。
ピカソとルソー。二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、いま、明かされる。




美術館の監視員、織絵は、
ソルボンヌを首席で卒業したスーパーエリートだった。
そして、、、


見事な舞台設定で、息もつかせず、
あっという間に物語に引き込む、強烈なつかみ。

素晴らしい一冊。


だが、しかし、、、










本屋大賞第三位、
この大評判の本が、へそ曲がりなわたしの場合、興奮は最後まで続かなかった、、、、

★★★☆☆







002_3


本は買って読め、ってことで、昔は文庫本を買い漁っておりましたが、
実家の自分の部屋の壁一面が本で埋め尽くされてからは、図書館専門になりました。

そんな、子どものころから、
活字と名のつくものなら、漫画、新聞、小説と、筋金入りの本の虫のわたしが、
半世紀の読書人生で初めて遭遇した、乱丁本。






008


なんだか、すっごくうれしかった、、、
ヘンかな、、、(^^












« 熊谷達也著 ”邂逅の森” ★ | トップページ | 中島京子著 “小さいおうち” ☆ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

面白そうな本ですね。それに、こんな見事な乱丁 3/4世紀生きてきて初めて見ました。
興奮なさるの良く判ります。 でも、これ図書館で借りたのですか? 
暫く手許に置いて、このありえない乱丁 何度も確かめたくなりますね。 
一人でそっ~と・・・・、私も相当ヘンです!(^^)!

typhoonTaoさん、
この感動、わかっていただけましたか~!、(^_-)-☆

これは、そうです、図書館で借りました。
横浜市の図書館ですと、予約は400番目くらいですが、
市民図書では、倍率が低いし、少ない予算でリクエストにも応じてくださり、
たまたま運よく、一番目のほかほか新着図書で借りることができたのです♪

そうですね、自分のだったら、、、どうするかしら、、、
やっぱり、大切に、手元に置いておくかしら、、、(*^。^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊谷達也著 ”邂逅の森” ★ | トップページ | 中島京子著 “小さいおうち” ☆ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ