« 蒲郡の竹島へ、、、 | トップページ | 香嵐渓 »

2013年12月 1日 (日)

憧れの蒲郡クラシックホテル




Dsc_0192



ツアーの一泊目は、憧れの蒲郡クラシックホテル






Dsc_0173_2



和風の瓦屋根を載せた和洋折衷の建築様式、帝冠様式と言える城郭風。

1934
年から、百年近い時の流れが、静かに佇んでいるさまにうたれます、、、






Dsc_0168n


創業者は、料理旅館「常盤館」の経営者でもあった名古屋の織物商、滝信四郎氏です。
その経営手法は革新的で、一流の小説家には、何ヶ月でも無料で滞在してもらう代わりに、
小説などの作品中に蒲郡や常磐館を登場させてもらうタイアップを考え出した。
菊池寛をはじめ、志賀直哉、川端康成ら日本を代表する数々の文豪が滞在し次々と小説で取り上げられ、
蒲郡は全国的に知られる保養地となりました。
                                   ホテルパンフレットより





Dsc_0213


まだ明るいうちの早めのチェックインでしたが、
お部屋はちょっと狭かったので、綺麗に手入れされた日本庭園を散策したり、
荘厳なロビーの豪華なソファに腰を下ろして、至福のひととき。







Dsc_0265_2


政財界の大物や文豪たちが闊歩した、
百年の歴史を刻む、クラシックホテルのロビーで、何もしないでのんびりと寛ぐ、、、
これ以上の贅沢がありましょうか、、、
そして、そんな私共を、そっとしておいてくれる、ホスピタリティ、
スタッフも、また、一流です。






Dsc_0249t


アールデコなデザインのエレベーターの指針盤
二階に上がると、、、











Dsc_0233



クラシカルな雰囲気のメインダイニングルーム






Dsc_0222


幸運にも三河湾を臨む三階のお部屋でした






Dsc_0270


夕ご飯は、、、






Dsc_0271


本格フレンチのフルコース






Dsc_0267


ホテルオリジナルプレートは、大倉陶園の器。
暗くて写真が撮れませんでしたが、メニューは、
帆立のアミューズ、野菜のテリーヌ、紫芋のスープ、大浅蜊と白身魚のバプール二色ソース、
氷菓、オーストラリア産牛フィレ肉ステーキ二色胡椒風味、デザート、パン、珈琲でした。









Dsc_0291


一夜明けて、部屋から望む早朝の三河湾
朝食の後に、橋を渡って竹島を散策します。






Dsc_0294


特等席で戴く、朝ごはんは、、、♪






Dsc_0301n



先ずは、フルーツサラダから、、、






Dsc_0305


パンも美味しいし、、、






Dsc_0299


おばさんは、このジャムに感動しちゃいました!、
おじさんが少し残したので、おことわりして瓶をお土産に戴いてまいりました、heart04






Dsc_0307


ごちそうさまです♪







Dsc_0318t_3


三階建のホテルですから、私どもはエレベーターに乗ったのは一度だけで、基本階段を使いました。
階段踊り場のステンドグラスがまた素敵です、、、

竹島散策 に出発です。









« 蒲郡の竹島へ、、、 | トップページ | 香嵐渓 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒲郡の竹島へ、、、 | トップページ | 香嵐渓 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ