« 横山 秀夫著 ”64(ロクヨン)” ★ | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

2013年11月26日 (火)

おたのしみ♪

 

018


一夜明けて、昨夜の嵐で、あたり一面に落ち葉が散乱してる、、、
朝から、ほうきを手にして、働く、はたらく、、、

三十年くらい前、高級住宅街の一角のN氏宅を訪れたときのことを思い出します。
こじんまりとしたお宅の前は、青々とした見事な竹林でしたが、、、






 

 






N
夫人は、
「時分には、落ち葉がすごくて、お掃除するのも大変ですのよ、
 もう、いやでいやで仕方がなかったんですけれど、
 ある時、通りかかったお方に、”お楽しみですね”、と言われましたの、、、
 はっ、といたしましてね、、、
 ・・・それ以来、落ち葉掃きが苦にならなくなりましたの、、、」



また、この前は、真知子さんが、こんな話をしてくれました。
「年を取ったら、大切なものが二つあって、
 それは、教育と教養、でね、
 きょういく、は、今日、行くところがある、
 きょうよう、は、今日、用事がある、なんですって、、、」



山のような落ち葉の山を築いて、、、
息が上がって、汗ばんできます、、、


ん!、おたのしみ~♪
今日、用事があってよかった、、、(-)











« 横山 秀夫著 ”64(ロクヨン)” ★ | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横山 秀夫著 ”64(ロクヨン)” ★ | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ