« 旧岩崎邸 | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

2013年11月25日 (月)

横山 秀夫著 ”64(ロクヨン)” ★

 

Neowing_neobk1372812


内容(「BOOK」データベースより)
 
警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。
大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。
一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。

D
県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。




初めての、横山 秀夫は、、、
重かった、、、
くるしかった、、、
長かった、、、


打ちのめされる、、、著者、渾身の一冊。


★★★★★



以下に本文よりほんの一部を、、、


 

 





もういいではないか、東京のことなど。東京がどうなろうと。東京での居場所がどうなろうと。
天下国家がどうした。それは、誰かの故郷の集合体だ。赤間にも故郷があるだろう。
そこにも警察官がいる。多くの仲間が町を村を守っている。自分もその一員だと胸を張れないか。
ちっぽけな野望が郷里に何をもたらす。夢が破れかかったからといって何を嘆く。
故郷が恙なく、平和で安全ならばそれでいいではないか。








 

 

« 旧岩崎邸 | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

半落ちを読み、寺尾聡の映画を観て・・・
主人公の心理が繊細に描かれ読んだ後に感動しました。映画も原作にほぼ忠実でした。好きな一冊です。その後横山秀夫は読んでいません。なぜかなぁ。64は話題ですね。人間の本質にせまるのが横山秀夫の作品で読めば一気にいけるんですよね。始めの一歩が踏み込めなくなったのは年のせいかもしれません。最近もっぱら詩集です。自律神経失調症から更年期症状で昨日と今日の自分の違いに驚くことが多くなったせいもあるのでしょう。自己分析ができないこの頃です。

りんさん、
長く、重苦しい、一冊です。
腐敗した組織の海を方向を見失い、溺れそうになりながらも、
ひとことの泣き言も、愚痴もこぼさず、
黙々と泳ぎ続ける三上の姿に、打ちのめされます。

読了した者のみが、
まさに異次元の世界を、、、
圧倒的な著者の世界を感じることができるような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧岩崎邸 | トップページ | 蓬莱寺山で紅葉狩り »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ