« 美輪明宏著 “紫の履歴書” ☆ | トップページ | たまごサンド »

2013年7月 4日 (木)

つるっつる、ゆで卵の作り方



Simg_7053


®
NHKのためしてガッテンで、
どんな卵も、たった一秒で魔法のようにむけちゃう裏技 を紹介していました!
その裏ワザとは、冷蔵庫から出した卵のお尻に、
ティースプンでこつん、とたたいてヒビをいれるのです♪

そして、

ぐらぐら湧いてる鍋に塩をして、そう~っと入れます、、、
10分(半熟は7分)で、取り出して、
氷を入れた冷水で冷まします。
しっかり冷めたら、まな板の上でゴロゴロしてヒビを入れて、むいてゆきます。







018


これは、何十年も前に、とある編集のお方から、おじさんが戴いたお土産。
たまごに針の穴を開ける道具です。

これほど、役に立ったお土産はありません。
ほんとうに重宝しております、、、
ありがとうございます!、heart04










①冷蔵庫から卵を出して、卵のお尻(太い方)をティースプンで、こつんとたたいて、ヒビを入れる、
 (常温に戻さなくても大丈夫)
②小鍋にお湯をぐらぐら沸かす、
③塩をして、卵をお玉に載せて、そ~~~ッと鍋に入れる、(ここ、大事)
10分ゆでる、(半熟は8分)
⑤お玉で、氷を入れた冷水にとり、、しっかりと冷ます、、
⑥卵をまな板の上でゴロゴロ軽く押しながら転がして、ヒビをいれたら、流水の下で殻をむく、、、
(新しい玉子だと、失敗することがたま~にあります、、、)













« 美輪明宏著 “紫の履歴書” ☆ | トップページ | たまごサンド »

クッキング(卵・その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美輪明宏著 “紫の履歴書” ☆ | トップページ | たまごサンド »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ