« 鰹のたたき サラダバージョン | トップページ | ティッシュケース »

2013年6月 9日 (日)

村上春樹著“色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年”




B5c41051r_2



内容(「BOOK」データベースより)
 
良いニュースと悪いニュースがある。
 
多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。
 
あるポイントまでは



熱心なファンを多く抱える著者の話題の大ベストセラー。
表紙が、素晴らしい。
ただ、
1Q84
BOOK12 も、そうだったけれど、、、
確かに、ふつうに面白いけれど、、、
なぜこれほどの騒ぎになるのかが、わたしには、わからない、、、

★★★☆☆










« 鰹のたたき サラダバージョン | トップページ | ティッシュケース »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

村上春樹は好きで昔から読んでいました。久々の1Q84 、楽しみにしてBOOK1、2、3、4までは何とか読みましたが、その後は読む気がしませんでした。私の感覚が変わったのかどうなのかな?

eikoさん、
BOOK3、4もあるんですか~!、読んでみようかしら、、、
わたし的には、ノルウェイの森が一番面白かったです、、、(^-^)

もう何十年も前のことですが、藤沢の友人が、
村上春樹が隣に住んでたって言ってました~!、
・・・今だったら、すごいですよね~、(●^o^●)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鰹のたたき サラダバージョン | トップページ | ティッシュケース »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ