« 重松 清著 “とんび”  ☆ | トップページ | 開化堂の茶筒 (一保堂刻印入) »

2013年6月15日 (土)

下鶴間ふるさと館



Img_2145


お墓参りのとき、前を通りかかるたびにず~っと気になっていた古民家へ。
隣接する駐車場(45台分)に停めて、
入館料は?、、、無料でした~♪
市指定重文の旧小倉家の母屋と土蔵が復元されています。

小さな古民家ですが、隅々まで気配りが行き届いていました。
雑巾がけをしていたおじさんは、私どもが写真を撮っていることに気づいてフレームアウトしてくれましたが、
こんなふうに磨き上げられ、大切にされている古民家であることを知って戴きたくこの写真にしました。
中に足を踏み入れると、、、











Img_2143


たたきを経て、、、



Img_2104



“みせ”に展示されている、

薬研(やげん)
 
生薬をすりつぶす道具。鉄や合金、陶器などでできています。
 
生薬には金属を嫌がるものもあるので、木でできた薬研もありました。
 




Img_2141t



小倉家は幕末の創建時から雑貨商を営んでいて、
取扱い商品のなかでも、薬品・医療用品は品揃えが豊富だったようです。

征露丸
 
ロシア(露)を征服する丸薬という名称から名付けられたそうです。
 
終戦後は、他国を征服するという名称は国際信義上好ましくない、との理由により、
 
「正露丸」と名称変更されたのだそうです。





Img_2110t


手作りでしょう、かわいい目刺しが飾られています。





Img_2123



年月を経た材のみが持つ、静かな深みのある色とつや。





Img_2151
 

こんな心づくしに、思わず笑顔に、、、

最寄駅は、小田急線鶴間駅、田園都市線つきみ野駅
下鶴間ふるさと館は、こちらから、、、






Sdsc_0025n


おかげさまで、すっかり、温かい気持ちになり、
お気に入りのお店で、大好きなお蕎麦を戴いて、帰途につきました、、、









  

« 重松 清著 “とんび”  ☆ | トップページ | 開化堂の茶筒 (一保堂刻印入) »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 重松 清著 “とんび”  ☆ | トップページ | 開化堂の茶筒 (一保堂刻印入) »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ