« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

台北、迪化街、欣葉、四四南村




Dsc_0472


Voyager of the Seas
、、三つめの停泊地、台北も雨でした、、、

大型客船がもう一隻着いた雨の基隆港は、もう大混乱でした。
前回は 憧れの九份 を訪ねましたので、
今回は、自由観光(台北101までの往復送迎)のOPに申し込みました。
このOPは、ひとり、$37でしたが、
基隆港から台北101までは、タクシーで3~40分、5800(一元3.3)だそうですから、
渋滞さえしていなければ、タクシーが断然お得だなと思いました。



 

 

Seas_140


台北101から、最寄りの地下鉄の駅まではバスに乗りましたが、小銭の用意が無くて困っておりますと、
見かねた乗客のご婦人が、わたしどもふたり分のバス代を出して下さいました、。
何かお礼をと思い、用心にバックにストックしてある森永のミルクキャラメルを一箱差し上げると、
しばらくして、今日は母の日ですと、二輪お持ちだったカーネーションの一輪を下さいました。
降りる駅を運転手さんに聞くと、また別のお若いお嬢さんが、わたしも降りるから教えてあげる、と、
地下鉄の駅までガイドして下さり、
みなさまにそれはそれは親切にして頂いて、、、やっぱり、台湾はいいなぁ、、、と、、、





Dsc_0475



市政府駅です。
乗ってみたかったバスにも乗れたし、次は同じく乗ってみたかった地下鉄に乗り、
漢方・乾物・お茶・布の問屋街、迪化街へと向かいます。
地下鉄の駅も車両もとてもきれいで、運賃も20元からと安いです、、、






Seas_113


地下鉄の乗り方は、
・料金表で金額を確認する
・自販機で金額、枚数をタッチして、青いコインを買います
・改札では、そのコインをスイカみたいにタッチして入り、
・出口では、投入口に入れて出ます


名所旧跡を回るより、マーケットをのぞいたり、
現地の人たちと一緒に、地下鉄やバスに乗ったりするのが好きなおばさんです♪

それから、、、





 

続きを読む "台北、迪化街、欣葉、四四南村" »

2013年5月28日 (火)

那覇、壺屋やちむん通り、公設市場

 

Sdsc_0394


Voyager of the Seas、、ふたつめの停泊地、
那覇は梅雨入りしていて、雨でした、、、
壷屋やちむん通りめぐりに、出かけました。
ひときわ目を引くのは、にゃんこ先生が店番をしてる、まじる商店。
この店の、、、




 

Sdsc_0386_2

先を彩るモザイクが、かわいいけれども、
なんといっても、この、力強いプリミティブな第一級のアート、、、
・・・思わず息をのみます、、、




 

Sdsc_0367


こんなに元気な笑顔のシーサーが玄関で出迎えてくれたらいいなぁ、と思い、、、
ひとくみ、連れ帰りました、(^-^)




 

Sdsc_0410_2


ちょっと路地に、足を踏み入れると、そこはもう異国情緒の漂う南国な雰囲気、、、






Dsc_03706


心躍る鮮やかな赤は、沖縄の強烈な太陽の色、、、
それから、、、

 

 

 

続きを読む "那覇、壺屋やちむん通り、公設市場" »

2013年5月26日 (日)

神戸、北野異人館の巻



Sdsc_0150


Voyager of the Seas
、、ひとつめの停泊地、神戸では、勇壮なブラスバンドのお出迎え♪
船を降りて、
憧れの異人館へと向かいます。






続きを読む "神戸、北野異人館の巻" »

2013年5月24日 (金)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ お食事♪



Sdsc_0139


Voyager of the Seas
、お食事は、ほとんどが無料です。
タイタニックを模して設計されたという、3層吹き抜けのフルコースのメインダイニング。






Sdsc_0143_2



一度に1,900名を収容できるという、
シャンデリアが輝く、カジュアル船とは思えない、ゴージャスな雰囲気。





 

Seas_039


夕ご飯は、メインシーティング (17:45) とセカンドシーティング (20:00) の2回制で、固定席です。
神戸からご一緒したのは、
ご子息から還暦のお祝いにとスイートのプレゼントでご参加なさったという素敵なご夫婦。
ご主人は、会社の冷温倉庫に迷い込んでぐったりした子猫を動物病院に入院させたり、
ガレージにつばめが巣を造れば、車にフンをされるのも厭わず、
出入りのためにシャッターを少し開けておいてあげるという、心優しいお方、、、
奥さまは、字のきれいな書道をたしなまれる、それは、おっとりしたお上品なご婦人、、、

もう一組は、お話の楽しい、話題の豊富なご夫婦で、
お仕事とはいえ、取引先のアフリカで出されたワニの手を召上がったお話には、
さすが、ニッポンの営業マンと感心するばかり、、、
世界中を旅してまわる、アクティブなお二人のお話のおかげで、たのしい食卓を囲むことができました。
・・・いつも、おしゃべりで盛り上がり、最後まで粘っているのは、わたしどものテーブルでした、、、(^^ゞ






Seas_206


サラダもスープもメインもデザートも様々に用意されていて、好きなものをチョイスできます。
おいしかったのは、エスカルゴと、ステーキ、、、
当たりハズレがあり、パスタと天ぷらは、正直、いまひとつでした、、、
一度に、1500人近い人数をさばくのですから、充分に及第点だと思います。
そう思わせるのは、一生懸命なホールスタッフの笑顔が大です、、、
thank you、mr.RODRIGO、、、(^-^)






Seas_043


アルコールは有料です。
ビールは
アサヒ、ハイネケン($5.46)等があり、台湾に立ち寄ったあとは、青島ビールも仲間入りです。









Sdsc_0347_2


宴もたけなわ、
大勢の
ウエイターが大挙して、ナフキンを頭上で振り回しながら、ホールを歌いながら行進し始めます。
そして写真手前の階段に集まり、オーソレミーオなど、堂々たる大合唱!、
最後は、達者な日本語で、海援隊の「贈る言葉」
いや、素晴らしかった、、、感動しました、、、


そして、そして、
メインダイニングで頂く朝ごはんは、、、





続きを読む "ボイジャー・オブ・ザ・シーズ お食事♪" »

2013年5月22日 (水)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ エンタテイメント



Sdsc_0594n


Voyager of the Seas
の、エンタテイメントは、ほとんどが無料です、、
ラ・スカラ
シアター オーケストラピットもある本格的な3層吹き抜けの劇場。
1,350
名収容。毎晩華麗なショーが繰り広げられます。

一番感動したのは、、、





続きを読む "ボイジャー・オブ・ザ・シーズ エンタテイメント" »

2013年5月20日 (月)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ アクティビティ



Sdsc_0123_2


Voyager of the Seas
の、ほとんどのアクティビティは無料です。
ロッククライミングは左から初心者用、中級、上級となっているそうです。
観ているとみなさま、次々と登っては、
てっぺんの鐘をカ~ンと鳴らして、するすると降りていらっしゃいます。
わたしたちは、その雄姿をぼんやりと観ているだけです、、、
朝ご飯でご一緒したお方は、初めは簡単だと思ったけど、途中の反り返った斜面に怯んでしまい、

下を見たら、海面 60mの高さに怖くなって降りてしまったとか、、、
お話を聴いて、眼下に広がる大海原を想像しただけで、もうスリル満点。
臆病な小太りのおばさんには、ゼッタイ、ムリ~、、、(>_<)

デッキにはスポーツ施設が満載です、隣接するのは、、、





続きを読む "ボイジャー・オブ・ザ・シーズ アクティビティ" »

2013年5月18日 (土)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ ロイヤルプロムナード



Sdsc_0050_3

 

ロイヤルカリビアン社が創り出す、洋上の夢の街、ロイヤルプロムナード。
スケールの大きさにただただ圧倒されます、、、
この通りには、Mail box もあり、、、








続きを読む "ボイジャー・オブ・ザ・シーズ ロイヤルプロムナード" »

2013年5月17日 (金)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 客室



Sdsc_0058_2



ロビーの船内の模型です。
前方、後方二か所、計四か所にガラス張りのエレベーター四基(緑のライン)が設置されています。
全長310メートルもあるので、あるお方から、万歩計が一日1万5千歩にもなると伺いました。
後方のレストランエリアやインフォメーションから、
前方のシアターや、スパに移動するのも、とにかく歩く歩く、、、
うちのおじさん曰く、、、





続きを読む "ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 客室" »

2013年5月16日 (木)

ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 乗船記 




Sdsc_0808_2


13
万トン級大型客船、Voyager of the Seas





 

Sdsc_0793_3


乗客定員 3138
乗組員数 1181
客室数1557





Sdsc_0790


なんとその大きさはジャンボジェット機の約4倍
全長 311m
全幅 48m
全高 63m





Sdsc_0796


船籍国 バハマ
巡航速力22.1ノット
吃水 8.8m





Sdsc_0804_2



かっこいい~!、笑顔の素敵なクルー♪










Sdsc_0626_2



まるで宇宙船のような船内、、、
客室は、、、





こちらから、、、








 



2013年5月 7日 (火)

とうふ屋うかい 鷺沼店



Ukai_004_2


とうふ屋うかい 鷺沼店へ、、、







 

Index_ph01


ママ友の真知子さんと、彼女のピカピカの新車でくりだしました、
             ・・・この写真は、HPよりお借りしました、、、







 

Ukai_010


先ずは、絶品、胡麻とうふ 
そして、、、 







 

 

続きを読む "とうふ屋うかい 鷺沼店" »

2013年5月 6日 (月)

中坊公平著 “金ではなく鉄として” ★



41tzkj447sl__sl500_aa300_t_2


尊敬してやまない、中坊公平氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

虚弱で人付き合いも下手で、どうしようもない劣等生であった、中坊氏が、
森永ヒ素ミルク事件で、赤ちゃんの代理人として堂々と巨大企業と渡り合うようになったのは、
ほかでもなく、まさにそのご自身の弱さが、氏をつき動かす源になっていたのでした、、、

★★★★★

以下に本文より、、、





続きを読む "中坊公平著 “金ではなく鉄として” ★" »

2013年5月 5日 (日)

Nikon FM



Img_0724_4_thumb


フラッシュ写真がどうにも好きになれない私に、うちのおじさんがくれたのが、このニコンのお古。
F1.2、明るいレンズ。
バースデイケーキのゆれるロウソクの光だけでも、満面の笑顔の子供の写真が撮れる・・・!
今ではすっかりデジカメになり、この無骨なカメラを手に取ることは殆どなくなってしまいました。
けれども、このしっとりとした美しいフォルム、
シャッターがおりる時の重厚な音など、何もかもが、申し分ありません、、、
時代遅れのオンボロカメラですが、かえがえのない、大切な宝物、、・・・

そんなわたしが、もうずっと、
ブログでアップするとき愛用してるコンデジは、これです、、、





続きを読む "Nikon FM" »

2013年5月 3日 (金)

町田 ZERO ONE CAFE(ゼロワンカフェ)



026


おいしいラーメンにすっかり満足して、幸せ気分で、うわさのカフェに、、、





続きを読む "町田 ZERO ONE CAFE(ゼロワンカフェ)" »

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ