« 花粉症の目薬 | トップページ | 中田永一著 “くちびるに歌を” ☆ »

2013年3月 7日 (木)

まほろな町田へ、、、⑤


003_2


所用で町田へ、、、
ランチは、お気に入りのこの店で。
メインストリートからちょっと奥まったところにある、
ワイワイがやがや、いつ来てもにぎわってる、雑多な雰囲気のこの店が大好き、heart04
壁を埋め尽くす、ポップなメニュー、、、
オーダーは、、、








005



チキンのランチ、、、






008


牛ステーキランチ、
スープ、サラダ、どんぶり飯、ドリンクがついて、千円!、
しかも、なんとなんと、ディナータイムもこの値段とは~?!、moneybag

あいかわらずのガテン系の濃い味付けに、山盛りのどんぶり飯も、ぺろり、、、





012


空いていれば、カウンター席がおすすめ♪、
勢いよく燃え上がる炎、フライパンのショーを楽しめます。
初めて行ったときの、コシードのレポは、こちらから、、、







018_2


用事を済ませて、町田で前から行ってみたかった、古書店、高原書店 へ、、、




020t


大好きな作家、三浦しをんさんが、アルバイトとして2001年まで勤務していた店です。
まほろ市は、著者の在住する町田市がモデルとなっていて、
作中に登場する「ハコキュー」、「小山内町」と言った地名や風景の多くは、
町田市内に実在する地名や建造物をモデルとしているそうです。





025


店内は、、、
本好きのわたしには、たまらない光景です。






028_5


在庫約100万冊。単独店としては日本最大級を誇る古書店。
延べ約760平方メートルの売り場には専門書や絶版本のほか、一般書、文庫本などが所狭しと並ぶ。
店内に約20万冊。
蔵書の「本体」は徳島県にある計約3300平方メートルの二つの倉庫に備蓄してある。

(中略)
ベストセラーの大量出版の時代。古書店といえども、売れない本は製紙原料に回すのが当たり前だった。
本の流通は「ダムのない川」。いっとき市場に流れても、後になっては探しようがない。
採算を理由に本を捨てるのは「古本屋のエゴ」と高原は痛感した。
「おれがダムになる」。小さな店の片隅で、高原は店の大型化を考えていた。(敬称略)
 
                    
・・・”高原書店の軌跡”、は、こちらから、、、



それから、町田をぶらりと散策して、、
ちょこちょこ買い物をして、くしゃみをしながら、帰途につきました、、、


・町田散策④ すし清水、仲見世商店街、ツインズは、こちらから、、、












« 花粉症の目薬 | トップページ | 中田永一著 “くちびるに歌を” ☆ »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

しをんさんのサイン可愛いheart04書店の人もびっくりしたでしょうね。まさか彼女が直木賞作家になるなんて。誇らしくもあるわね。毎週金曜日のドラマのまほろも面白い。瑛太君の演技が光ってるsmile

typhoonえり、
サイン、ほんと、かわいいよねぇ、、、(*^。^*)
そして、バイトの店員が直木賞作家になんて、、、
誇らしさで、いっぱいだろうねぇ、、、(*^_^*)

しをんさんの本に古書店のことを書いた、「月魚」ってあるんだけど、その一節に、

”店にあるときの古本は静かに眠る。
 これらの本を書いた人間たちは、すでにほとんど全員死者の列に連なっている。
 ここに残されているのは、この世にはもう存在していない者たちの、ひっそりとした囁き声だ。”

というのがあるんだけど、古書店で働いていた著者ならではだなぁって、感心したの、、、

きぬえこんにちはhappy01「月魚」は読んでないわぁ。面白かった?短編ではないよね?

typhoonえり、
これは、評価の分かれるところ、だと思う、、、
前に、ブログに感想書いたので、よかったら、参考までに、、、(^-^)

http://kinue-m.cocolog-nifty.com/17/2010/12/post-88dc.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉症の目薬 | トップページ | 中田永一著 “くちびるに歌を” ☆ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ