« 柳澤桂子著 〝二重らせんの私” 生命科学者の生まれるまで ☆ | トップページ | きもので書道展、美術館へ、、、 »

2013年1月18日 (金)

チンゲンサイとホタテの中華スープ



Img_7858_2


ン十年も前、お料理上手の元モデル仲間のAちゃんちに、遊びに行ったとき、
ごちそうになった、と~ってもおいしい、わが家の定番になった中華スープです。

作り方は、、、







作り方
干し椎茸は、たっぷりの水につけて戻しておきます。
  戻ったら、石づき(根元のかたいところ)は、切り落とし、
  軸は、おいしい出汁がでますので、スライスしていれます、(^^
春雨はぬるま湯でもどしておきます。
青梗菜はざくざくと切って、葉と茎に分けておきます。
鍋にごま油を温め、茎から順に、葉も炒めます。
干し椎茸を、戻し汁ごと加え、さらに、湯も足し、
春雨と、ホタテ貝柱の缶詰(安いほぐし身で充分です)を缶汁ごと加え、
塩、酒、しょう油で調味します。
・・・、物足りないようでしたら、ガラスープの素を足します。

仕上げに白髪ねぎをちらして、
頂く前に、黒こしょうをたっぷりかけて、召し上がれ~♪

                ® 前にもアップしたことのあるリユース記事でした、、











« 柳澤桂子著 〝二重らせんの私” 生命科学者の生まれるまで ☆ | トップページ | きもので書道展、美術館へ、、、 »

クッキング(野菜)」カテゴリの記事

コメント

これ、炒め物で作るんだけど、スープもおいしそうね。

今度はスープにして見るね。

★mieko,
寒くなると、スープもいいよ~♪
温まるし、、、(^-^)v

なんて美味しそう~~~
Kinueさんの写真はいつも美味しそう~~に撮れてますよね!

寒くなるとスープいいですよね~~

★akkoさん、
ありがとうございます~♪
スープや、汁物、好きなんです、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳澤桂子著 〝二重らせんの私” 生命科学者の生まれるまで ☆ | トップページ | きもので書道展、美術館へ、、、 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ