« 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 | トップページ | 三日目、善峯寺、光明寺、醍醐寺 »

2012年12月 4日 (火)

二日目、東福寺、南禅寺、実相院、北野天満宮、トロッコ列車



Sdsc_1239n


全山が紅葉する、朝一番、絶景の東福寺






Sdsc_1257n



通天橋より、たゆとう黄金色の海、、、






Dsc_131840



黄泉の国の床はかくあるのかと、、、
感動の冷めやらぬまま、南禅寺へと向かいます、、、









Sdsc_1394


こちらもまた、見事な紅葉、南禅寺です。




Sdsc_1376


明治18年、日本人のみの手により、設計、施工されたという、水路閣。



Sdsc_1366t


煉瓦造りのアーチ構造で、
橋脚のアーチ部分には、遠近法が取り入れられています。





Sdsc_1427


アプローチに惹かれて、、、天授庵に入ってみました。




Sdsc_1439n



紅葉の見ごろは過ぎていましたが、
心の休まる、とてもいい庵でした、、、





Sdsc_1460t



床もみじで知られる、実相院
 
實の字のやわらかな美しさに、しばし見とれてしまいました、、、
こんな字が書けるようになりたいな~、、、
 





002t_2


撮影が禁止でしたので、思わず息をのむ、床もみじの美しいパンフレットを、、、




Sdsc_1482t


北野天満宮では、、、



Sdsc_1490


御土居へ、、、
老舗和菓子舗『老松』の茶菓代が含まれた入苑料は600円でした。




Sdsc_1499_2


御土居(おどい)とは、豊臣秀吉が聚楽第造営の頃に、洛中の警護などのために、
洛中をぐるりと取り囲むかたちで高々と盛り上げられた総延長22.5kmに及ぶ土塁
・・・つまり土を他の部材を含めて盛り上げた人工の城壁のようなもの、だそうです。





Sdsc_1526t


嵐山は、平日というのに、ものすごい人出でした。
かわいいお店を見つけて、、、
お寺さんも、もみじさんも、(おじさんも)、そっちのけで、、、




Sdsc_1521


おばさんは、テンションmax!、






Sdsc_1549


二日目の最後を飾るのは、人気の嵐山トロッコ列車!、
なかなか取れないチケットの手配も、ツアーならでは、、、




Sdsc_1562


来た来た、来た~!、
・・・これは桜のトンネルでしょうか、シーズンにはどんなに、、、cherryblossom





Sdsc_1577


レトロな車内、、、
窓ガラスが閉まらないので、おばさんには少しさむかった、、、




Sdsc_1613_6



対岸の
この素晴らしいロケーションは、星のやさんだそうです♪




Sdsc_1629


トロッコ嵯峨駅に到着です~、、、♪


                      camera photo by うちのおじさんでした、、、







三日目は、善峯寺、光明寺、醍醐寺へ、、、













 

Sdsc_1613_3

Sdsc_1613_2

 

 

 

« 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 | トップページ | 三日目、善峯寺、光明寺、醍醐寺 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都祇園 天ぷら八坂圓堂 | トップページ | 三日目、善峯寺、光明寺、醍醐寺 »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ