« Kona Salon のパンクラス、バンズ | トップページ | 三種類の大根のサラダ »

2012年7月15日 (日)

尾木ママのいじめ対策



 

Photo


朝日新聞 7/14、尾木直樹さん

中学生でいじめられていると家族に打ち明けるのは女の子で8割くらい、男の子は一割ぐらい。
男子はぶすっとして睡眠不足、食欲がなくなる。隠そうとしても中学生は不器用。
いつもの「うるっせーな」とは違う変化が全身からにじみ出るはずです。
シャツに靴の跡がついている、カバンが切られる、金遣いが荒くなる。
肌身離さず持っていた携帯を持たなくなったらすぐわかる。
思春期だからと距離を置いてはいけない。



 

 


大事なのはイエス、ノー以外で答えられる質問をすること。
「いじめられているんじゃない?」と聞いても「いじめられてねえよ」となってしまう。
「この頃どう?部活とか友達とか」「この前シャツが汚れてたけど、どうしたの」と聞く。
いじめは許さない、あなたを絶対に守るという気迫が伝わった時に、初めて子どもは打ち明けてくれる。
クラス担任に相談するのは以前なら有効だった。今は学校評価制度などで教育現場はがんじがらめ。
いじめは、「あってはならないこと」になっている。
学校に連絡するとしたら、いじめがあることを伝え、
二度といじめを起こさせないよう何月何日までに改善する、と約束を取り付ける。
安全だと分かるまで、我が子を家にとどめると告げる。
できなければ教育委員会やマスコミに話す、と言う。
「いじめられたらどうするか」という質問に、少し前ならすらすら答えられたが、
次々寄せられるメールを見て、甘かったと教えられている。
大津の問題が大きく報道された7月初めから一週間で、私のブログには220万以上のアクセスがあった。
毎日、「死にたい」「今日も便器をなめさせられた」というメールがくる。
「いじめられ、飛び降りようとした我が子を抱きとめて止めた」というのもあった。
氷山の一角だと思う。
 




尾木ママって大好きです。
いつも、ラジオとかに彼が出てくると手を休めて彼の話に耳を傾けます。


昨夜TVで、たけしが先生から罰を奪ったことの意味を話していましたが、
わたしたち保護者も、体罰について、口を出し過ぎたのかもしれません、、、
骨抜きにされた教師たち、、、、、
暴力はもちろんいけないことですが、いじめっ子達に、げんこが必要だったのではと思うのです。

もう十年以上も前、長男の中学校の入学式の日、
角刈りで、竹刀をつきながら、会場を歩き廻っていらしたT先生を思い出します。
わたしでさえ、怖い、、、と緊張したほどの威厳に満ちたお方でした。
T
先生のお蔭でしょうか、入学式は粛々と進みました、、、

・・・
そして、、、T先生のお葬式の日、
かつての教え子たちが、たくさん、たくさん、集まったそうです、、、
T先生が鉄拳をふるったとは、一度も聞いたことはありませんでしたが、
それが、暴力なのか、戒めなのか、子供たちは正確に察知します。
それを見極める目は、わたしたち保護者にこそ必要なのではないでしょうか、、、

ただ、犯人を捜して、つるしあげ、非難するばかりではなく、
自分自身を顧みることが、今求められているような気がします、、、

ズタズタにされて、ボロボロになり、
あんな高いところから飛び降りた彼の苦しみに、息が止まりそうな思いです、、、










« Kona Salon のパンクラス、バンズ | トップページ | 三種類の大根のサラダ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

尾木さん、こんばんわ。私は、もう中年のおばさんですが、中学生ばかりでなく大人の社会がいじめ社会であると思っています。そして成人まえの子供さん方のいじめには親の態度や考え方が反映されているとも考えています。弱いものを見たら叩きのめしたくなる衝動や自分達と違う個性の人を受け入れない偏見。このような心は大人はストレートに表現することは少ないかもしれませんが、そのような心根を持った人が子育てをすると子供はそれを吸収してストレートな表現をしてしまうのかもしれません。昔は道徳の時間など心を育てることにも重きを置いた教育がなされていましたし、悪いことをすると近所の大人も怒って諭してくれました。今はそのようなことをすると、親が怒ってしまいます。どうかこのいじめ問題を無駄にせず、人として立派な生き方をすることが大切である事。日本人が忘れてしまった道徳観を思い出して欲しいと思います。

はじめまして、
コメントをありがとうございます。
仰る通りだと思います、、、

ただ、こちらは、尾木さんのサイトではございません、、、
尾木さんのサイトは、
http://ameblo.jp/oginaoki/
です、(^-^)

どうしてこんなに陰湿ないじめを子供がするような時代になっていしまったのか。。。
自殺に追い込まれる「いじめ」って、想像がつかないもの。

前に、娘が学校から帰ってきて「ただいま」って言った時、
「何かあった!」って思ってね、娘に「どうしたの?」って聞いたら
モチロン「何もないよ」って。
でも、わたしが「『ただいま』がいつもと違ってた」って言ったら
「ママに隠し事は出来ないね」って学校で起きたトラブルを話してくれたことがあったの
子供って、どこかでサインを出してるんだよね

みえこ、
昔からいじめはあった。私もいじめられた。
ただ、この頃は、美恵子の言うとおり度を越してるっていう気がする。

「ただいま」の一言で、今日学校で何があったか、大体わかるよね、、、
でも、気配りする子なら、心配かけまいと、いじめを隠そうとして、
次からは、明るく言うだろうし、、、
働いてるお母さんだって、たくさんいる。

いじめに気付いたとしても、
学校も、警察も動いては、くれない、、、
チクったと、さらに、苛められたとか、聴くと
どうしたらいいのか、わからなくなる、、、(:-:)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kona Salon のパンクラス、バンズ | トップページ | 三種類の大根のサラダ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ