« サラリーマン川柳♪ | トップページ | 神楽坂 ARBOL アルボール »

2012年5月11日 (金)

神楽坂散策



059a_2


憧れの神楽坂に、行って参りました~♪
仕事で神楽坂の取材をしたことがあると言う頼もしいガイド、優子ちゃんを得て、、、




001


先ずは、町屋風の一軒家和カフェ、”茶寮”で、腹ごしらえ。





 

006


おばんざいset ¥1000
(
お好みのおばんざい二品と玄米入りごはん、みそ汁、香の物、とろろ+たっぷりサイズのドリンク)
量は少なめですが、丁寧に作られたおばんざいを、少しずつゆっくりとかみしめながら戴きました、、、
・・・おいし~、、、しあわせ~、、、heart04





009_3


雨もだいじょうぶそうなので、お願いしてデザートは外のお席で、、、
写真は、優子ちゃんのずんだぷりんとリラックスローズのデザートセット。
・・・おいし~♪、って、二人で大はしゃぎしながら、足をバタバタさせながら戴きました。
雰囲気もいいし、お味もいいし、スタッフもとても感じが良くて、居心地満点でした♪





Image1


さあ、いよいよ神楽坂散策のスタート♪、

まず、優子ちゃんがガイドしてくれたのは赤城神社、(写真は、HPより)




Omamori_10

Omamori_11


「ゲゲゲの鬼太郎」原作者の水木しげる氏が初アニメ化の際、祈祷したことが由来の、
「ゲゲゲのちゃんちゃんこのお守り」「目玉のおやじお守り」です。
境内には、お洒落な、あかぎカフェ
ガーリックの香りが漂い、お昼を戴いたばかりなのに、すいこまれそうになってしまいました~、、、




095


路地裏の小さな陶器のお店で、マグと、しゃもじ立てを。




086


素敵なスーパーもいくつかあり、おいしそうなにんにくを、、、




012


袖摺り坂、、、
何気ないこんな小さな坂にネーミングする遊び心に脱帽、、、




018


くねくねと折れ曲がった細い路地のその先にある小さなお店、ろびん。
え、ここでもランチが?
もう、くらくら~、、、
宝物がそこらじゅうに埋まってる~?!、みたいな、神楽坂、、、



021


さらにそのまた奥には、、、
え、ここ、パリ?

そして、本日一番おばさんのこころをわしづかみにしてくれたのは、、、







025


エコパオ (鍼灸治療院)
昭和24年築という、この家がアンティーク・・・!
 
一歩足を踏み入れるとそこは、
百草やアロマのさまざまな香りの満ち満ちた、言い知れぬ不思議の空間、、

・・・も、ぜったい、行っちゃおうっと、、、(^_-)-☆



027t


エコパオのお隣も、、、heart04




029


毘沙門天
塵ひとつなく、磨き上げられた堂内の清々しさに心洗われる思いでした、、、




031


ミシュラン、三ツ星の石かわ、だそうです、、、




034_3


ジャスミンの香る細い路地をのんびりゆくと、
小唄のお師匠さんの元宅だったという風情のある古い一軒家、
時おり、三味線の音色が聞こえてくるという、
ギャラリー、ラ・ロンダジル




 

084


この店の
静かなしつらいに惹かれて、粉引の片口をひとつ買い求めました、、、




053


粋な黒塀は、雨に濡れて、より奥深い黒に、、、




051


そんな細い石畳の路地にひっそりと佇む、、ここは、
ホン書き旅館として知られた、和可菜 だそうで、色川武大、野坂昭如、
早坂暁、滝田ゆう、山田洋次監督や、深作欣二監督など錚々たる作家が、
脚本を書く際に缶詰になった旅館とのこと。



097

090_2


まかないこすめでは、和紙タオルや、ハンドクリーム、梅花亭では、浮き雲を。
神楽坂に住んで、いろいろなギャラリーをめぐり、路地を歩き廻り、
夜は、バーや居酒屋を、、、なんて、いいなぁ、、、
おいしそうなお惣菜をずらりと売ってたおばちゃんの小さなお店で、あれこれ選んでごはんにしたり、、、
住んでみたくなる街、神楽坂、、、






058


夕暮れがせまり、明かりが灯ると、




047_2


神楽坂はその昔の色町の面影をうっすらと漂わせ始めます、、、




037_4


・・・かと思うと、パリの街角かと見まごうようなこんなお店もあちこちに、、、。
古今東西、いろんな時間と空間が、渾然一体としてハーモニーを奏でる神楽坂を、
フットワークのいい優子ちゃんが、
一度も地図もみないで、さくさくとガイドしてくれました。
優子ちゃんのおかげで、すっかり神楽坂のファンになってしまいましたよ、、(^-^)
ほんとうにありがとう、heart01

そして、楽しみにしていた夕ご飯は、
予約必須の、、、こちらです、、、


















« サラリーマン川柳♪ | トップページ | 神楽坂 ARBOL アルボール »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

まあ贅沢なお散歩ですね。さすがにその昔の風情がそこかしこに見受けられますね。黒塀の写真には、春日八郎の歌声か三味の音が聞こえて来そうでした。今度私も是非行ってみたくなりました。ありがとうございました。

typhoon四国山中の仙人様、
三味線の音色は、とんと聞くことがなくなりました、、、
もし散策していて、聞こえてきたりしたら、、、
すごくラッキーですね!、、、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サラリーマン川柳♪ | トップページ | 神楽坂 ARBOL アルボール »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ