« 文武廟 | トップページ | いちご大福 »

2012年3月 6日 (火)

日月潭



Sdsc_0653n

集集駅を後にして、バスで台湾で最も美しい湖といわれている、
日月潭の湖畔のホテル、日月潭雲品酒店へ、、、




Sdsc_0658bn_2



湖の北側が太陽()、南側が月(三日月)の形をしていることからこの名がついたそうです。
何かの雑誌でこの景色を観て以来、憧れ続けてきた、モノトーンの静かな風景、、、
ゆっくりと夕闇に沈んでゆき、次第に色を失ってゆく様は、
まるで水墨画のようで例えようもない美しさ、、
・・・これを観に来たんです、、、




OPの中華のご飯は、
ほかの方々のご迷惑になるかと写真は遠慮しておりましたが、
朝ごはんは、各自でしたので、、、パチリパチリと、、、







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.・・・・・・・





Sdsc_0665



中華と洋食のコーナーに分かれていましたが、迷うことなく、中華に!


Sdsc_0667


滋味豊かな特製スープをオーダーして、、、




Sdsc_0674



Sdsc_0676



お粥にいろいろ、トッピングして、おかわりして、、、
おいしそうでしょう?、、おいしかったです~♪
ごちそうさまです!





Sdsc_0696



朝の日月潭は、、
 
うすい青をはいたような水彩画の装いで、観る者のこころをうばいます。



Sdsc_0708
 


朝霧の中、墨絵のような濃淡を描いた稜線が浮かび上がります、、、




 

Sdsc_0693n_2



ローカル電車と、この日月潭が、オーバーランドツアーのお目当てでした、、、
もし、もう一度、台湾に行くことがあったら、
今度は、ラルーに泊まってみたい、、、






« 文武廟 | トップページ | いちご大福 »

台湾」カテゴリの記事

コメント

美しい実に美しい・・・・・
好きだワ~

きぬえちゃんの感動を
そのままご主人がCAMERAで訴えている!

ニクイネ~~~バックを暗くした気配りが

たつのくん、
やっぱり?、(*^。^*)
同じ美意識ね~!、(^_-)-☆

それに、残業して(?)、がんばって、背景を替えたかいがあった~!、
ヽ(^o^)丿

ホント、美しいですね~。
正に水墨画の世界!
お写真はご主人とのことで、きっと格別に美しく撮られているのかと思いますが、ホンモノの景色ももちろん美しいのでしょうし、なんだか静けさの音がするくらいな感じですよね。
こんなところが台湾にあるとは存じませんでした。
こちらも船の旅の途中なのですよね。
いいですね~のんびり船の旅。
一度でいいのでいつか行ってみたいです。

楽子さん、
”静けさの音がする”って素敵なフレーズですね、、!
それに、
楽子さんも、でしたか~、(*^。^*)
この絵は、心の奥底に焼き付いて、忘れられなくなります、、、
きっと、いつか、必ず、楽子さんも湖畔に、、、
(^-^)、(^-^)、(^-^)、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文武廟 | トップページ | いちご大福 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ