« モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」 | トップページ | すずめさんの、本格中華粥 »

2011年7月16日 (土)

踏ん張る地元紙、東海新報



Toukai

 



4/19
、朝日新聞より一部転記します。
エンジン全開を示す黒煙を吐き出しながらも転覆してゆく漁船たち。
右から左から流れ入る、粉々に砕けた集落の瓦礫の帯・・・
大津波が襲う岩手県大船渡湾を、高台の社屋から見つめていた、
地元紙、「東海新報」の鈴木社長。

発行部数、1万7千部。その半数の契約地域を大震災が直撃した。
スポンサー企業の八割も業務停止に、、、
燃料も資材も限られる中、従来の8ページを半分に減らして、当面はモノクロ印刷でしのぐことに。
給料半減、ボーナス残業代ゼロ、それでも、
「被災の現場に暮らしながら発信し続ける。それが最大の武器になるはず」
みんながそう信じてる。

この新聞社から、津波を逃れた新刊が出版されています。
それが、、、こちらです、、、







« モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」 | トップページ | すずめさんの、本格中華粥 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モスバーガーを創った男の物語 「羅針盤の針は夢に向け」 | トップページ | すずめさんの、本格中華粥 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ