« 日本郵船歴史博物館 | トップページ | 三浦しをん著 ”神去なあなあ日常” »

2011年3月10日 (木)

角田光代著 "ツリーハウス” ☆



16328950_2


 『内容紹介
  西新宿の小さな中華料理屋「翡翠飯店」を巡る三代記。
  祖父母、両親、無職の叔父、孫に加えて、
  常に誰かしら出入りするゲストハウスさながらの大家族の足元には、
  大陸帰りの物語が眠っていました。
  祖父の死で虚脱してしまった気丈な祖母ヤエを伴った満州行が、
  封印された過去への旅の幕開けとなります。
  戦争、引揚げ、戦後を生き抜き、半世紀の間ヤエが抱えてきた思いを知った時、
  私たちが失いつつある美しい何かが頁の向こうに立ち上がってきます。(OY)』




うらぶれた中華料理店に、ふらりと入ったとき、
思わず知らず、ヤエをさがしてしまいそうです。
、、、もしかして、ここにも、壮大な物語があるのかも、、、と
強くもなければ、立派でもない、
市井の人々の、地を這うような暮しが、読む者の魂を揺さぶります。


★★★★☆

以下、本文より、、、






「逃げろ、と言ったんだ
 そこにいるのがしんどいと思ったら逃げろ。逃げるのは悪いことじゃない。
 逃げたことを自分でわかってれば、そう悪いことじゃない。 
 闘うばっかりがえらいんじゃない」

「どこかにいけば、おもしろいことが待ってると思っているんだろ、
 ここじゃない、どこか遠くに行けば、
 すごいことが待っているように思うんだろ、、、
 でもね、どこにいったって、すごいことなんて待ってないんだ。
 その先に進んでも、もっと先に進んでも、すごいことはない。
 そうしてね、もう二度と同じところに帰ってこられない。
 出ていく前のところには戻れないんだ。そのことをようく覚えておきな」







« 日本郵船歴史博物館 | トップページ | 三浦しをん著 ”神去なあなあ日常” »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本郵船歴史博物館 | トップページ | 三浦しをん著 ”神去なあなあ日常” »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ