« 有吉佐和子著 ”悪女について” | トップページ | 横浜 うかい亭 ④ ★ »

2010年1月16日 (土)

マリー・ローランサン著 ”夜の手帖”より



1298375639



”鎮静剤"
もの憂いよりは、悲しくて
悲しいよりは、不仕合わせ
不仕合わせよりは、苦しくて、
苦しいよりは、棄てられて、
棄てられたよりは、天涯孤独、
孤独の身よりは、死んだ者、
死んでるよりは、忘れられて。



Marie Laurencin
 『夜の手帖』の自己紹介文より、
贅沢好き。
パリ生まれがとてもご自慢。
「シルヴィー」(G・ド・ネルヴァルの詩)の歌を全部知っている。
演説も、ひとの悪口も、
忠告も、お世辞も好きじゃない。
早く食べ、早く歩き、早く読む。
とてもゆっくり、絵を、かく。












« 有吉佐和子著 ”悪女について” | トップページ | 横浜 うかい亭 ④ ★ »

読書(た~わ)」カテゴリの記事

コメント

きぬえ様

以前にマリー・ローランサンの絵、湖畔の美術館で観て
とても癒さた記憶が。
元々とても好きだったし、その時丁度心身共に疲弊。
で、外は雪景色。雪の湖畔っロマンチック!メルヘンチック!で、女心わしづかみです!!
あぁー 一日ここに閉じこもっていたい!
でも、生憎その日は帰る日で・・・・・

それにしてもきぬえさん!このような本をどうやって
見つけるの??
幅広いジャンルでビックリ@@!ですぅ~~

てこさま、
美術館で観られたんですか~
それも、雪景色の湖畔で、、、
いいですね~!!!

>このような本をどうやって見つけるの??
・・・ブログを初めて、
そこから、いろいろ、本の情報をゲットしています♪
いつもは、図書館から借りていますが、
この本は、何十年も前に買ったものです、、、

蓼科だったような記憶ですが美術館にむかーし行きみてきました。私も何十年も前に買いました。昭和60年にでたアートギャラリーと宝ものです。リボンで結んだ手紙を何度も読み返し棺に入れたローランサン。素敵です。鎮静剤は一番好きな詩です。30年くらい前は雑誌とかによく載ってましたが今は図書館にもありません。まぁ田舎ということもありますが、、、

りんさん、
この本は、わたしも買いました。
今でも大切にしております、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有吉佐和子著 ”悪女について” | トップページ | 横浜 うかい亭 ④ ★ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ