« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

伊達衿の作り方

 

Simg_4444


一回五百円、ワンコインの着付け教室で教わった、伊達えりです。
・・・ 材料費、ゼロ円♪、
結婚式の引き出物が包んであった朱色のポリエステルの風呂敷で作りました。
着るときは、二つ折りにして、5ミリほど、出します。







 

S8img_4467_3


作り方です。
写真↑をクリック すると、拡大して見ることができます。

この着付け教室 は、ほんとうに、良心的で、オススメです、、(^-^)
もう、十年くらい前になりますが、一年間、お世話になりました、、、
おかげさまで、なんとか、ひとりで、着物が着れるようになりました。
結婚式にも、留袖を着て行きます、、、(^-^)











2009年9月27日 (日)

筑波山麓・あべ農園



Simg_4414_3


"
私たちは、1989年に有機農業を始め、何度も雨にもマケたし、風にもマケた。
 
でもめげずに、野菜たちの生命力に助けられながら、二十年以上経ちました。
 
これからも、作ることの楽しさと食べることの楽しさを共有できれば、と思っています。”
 
                                 頑固な野良の会
 

阿部農園さん
から、野菜セットが届きました。
これで、Lセット、1500円です。(送料600円別)
早速戴いたお野菜の、甘いこと、おいしいこと、、、
ちょっと、感動してしまいました、、、(*^^*)

こんなふうな、旬のお野菜の詰め合わせは、
ともすると、ちいさなルーティン・ワークになりがちな、
初老のおばさんには、とても、刺激になります、(^-^)
さあ、何にしよう♪、、どれと、どれを組み合わせよう、、
先ずは、これからだな~♪、、、これは?、なんだろう、、、
  この瓜みたいのは、なんだろう?、、、へえ~、琉球小冬瓜、、、、
  冬瓜なんだ~!、じゃ、前にお料理教室で習った冬瓜のスープにしよっと、、、(^-^)
  ・・・ってことで、干し貝柱を戻して、、、明日は、冬瓜のスープと~、、、
あれこれ、考えるのはたのしいし、なにより、脳トレになります、、、

阿部さん、ごちそうさまです、(^-^)
これからも、どうぞ、よろしくおねがいします、、、


















東野圭吾著 "容疑者Xの献身” ☆

 

41gu8yq1ul


  『出版社 / 著者からの内容紹介 
    数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ
   天才数学者でありながら、さえない高校教師に甘んじる石神は
    愛した女を守るため完全犯罪を目論む。
    湯川は果たして真実に迫れるか 



湯川と石神、相対するふたりの天才、、、
『探偵ガリレオ』シリーズは、初めて読みました。
何冊か読んだ東野作品では、わたし的には、『白夜行』と並ぶ傑作だと思いました。
映画は観ていないのですが、キャスティングを見て、
このまったくさえない、純朴な天才、石神を、はたして、ハンサムな堤真一がどう演じるのか、、、
・・・と、逆に、映画を観てみたくなりました、、、

★★★★☆ 







2009年9月25日 (金)

Kona Salon のパンクラス、Kona バゲット


Simg_4435


Kona Salon のパンクラス
、でした。 
ブルーチーズ入りバゲット。
じつは、癖のあるチーズは苦手なわたしでしたが、、、
このバゲットのおいしさに、、、完璧に、打たれました、、、




Simg_4433


赤パプリカとトマトの冷たいスープ




Simg_4429


コンビーフのオープンサンド
コンビーフとチーズと、マスタードの醸し出す、
絶妙なハーモニーに、、、思わず、絶句、、です、、、




Simg_4436_2


ササミと梨のサラダ
tomo
さんが、シンガポール旅行なさった折に得たヒントを元に考えた、というレシピ。
こういう才能がまったく欠落しているわたしには、
まさに、神業、、




Simg_4439


ウフアラネージュ
スープといい、サラダといい、デザートといい、
食べたことも無い、斬新な、それでいて、
どこかなつかしさのある、幸福感に包まれるレシピで、、、
やっぱり、tomoさんは、ジーニアス、、、!!!



ご一緒したのは、
隣に居てくださるだけで和みます、癒し系の、hjemmeさん
なんて、丁寧で繊細な仕事をなさる方でしょう、菜の花さん
上品な、ソフィスティケートされた、すてきな、fleubleさん、
なんだか、とっても、ハッピーな気分に、Oさん、
なんといっても、明るくって、朗らか、コナサロンの太陽、akkoさん、

以前に憲法九条について書いた、このブログで、
"わたしは、右なのか、左なのか、"という問いに、
菜の花さんが、答えてくださいました。
それによりますと、わたしは、左、なのだそうです。
昔、フランス議会で、保守が右、改革派が左の席に座ったことが、語源だとも教わりました。

お料理でも、初めてのことばかりで、教わることばかりですが、
こんなことも、教わることのできる、ほんとうに、すてきな、コナサロン、です、、、

tomo
さん、みなさま、一日、ありがとうございました、、、











2009年9月23日 (水)

町田 コシード・デ・ソル



Simg_4331

Simg_4336_3

 

お墓参りに行き、
地中海料理、コシードの姉妹店、コシード・デ・ソルへ、、、
線路に面した、小さな、ひとりでも入れそうなお店です。
オーダーは、、、


続きを読む "町田 コシード・デ・ソル" »

2009年9月13日 (日)

くるくる、くるみパン



Img_4215s_3



tomo
さんの、この御本 から、、、
あんまり、かわいいので、、豆パン♪、、
・・・って、中身はくるみ、、、
ほんのすこし、ライ麦粉を入れて、、、

焼きたてのコナパンは、まずは、なにも、つけないで、
粉のおいしさを、しみじみと、たのしみます、、、
次は、はちみつバターで、、、、ククク、、、、(^-^)
パンとコーヒーだけの、チープシックな、贅沢な、朝ごはん、、、(^-^)
tomo
さん、すてきな時間をありがとうございます♪













有吉佐和子著"木瓜の花”

 

Imagesca536qc0_2



『芝桜
の主人公、正子と蔦代のその後を描いた作品。
 
旅館の女将として堅実な仕事に精を出し、
 
幸せをつかもうと健気に生きる正子の姿が胸に迫る。
 
トラブルメーカー蔦代も健在である。





ケリーちゃんの書評
で読んでぜひ読んでみたくなった一冊。
 
これを読むために、前編ともいえる"芝桜"を読みました。
 
その期待を裏切られることのない、面白さ、、、
 
舞台は戦中戦後だけれど、ひとのこころは、今と同じ、、なにも、変わらない、、、
 
前編では豪華な着物の数々に息をのみましたが、
 
本作では、思うひととバレエの公演に行く為、久しぶりに着物を新調する正子に、
 
呉服屋と一緒になって、わたしまで、すっかり有頂天に、、、
 
 
 
蔦代と一子の丁々発止のやり取りには、涙を流して、爆笑、、、     
 
 
 
人生の機微を、思う存分に楽しむことができました、
 
ケリーちゃん、ありがとうございます♪
 
 
 
               (この本は絶版になっています、図書館で、、、)









2009年9月11日 (金)

Natural food kitchen L'OASINA


Simg_4218


南青山で、、ノ○ノの、ミニ同窓会、、、




Simg_4220


Natural food kitchen L'OASINA




Simg_4223



岸本さん
、 bigmomさん、そして、何十年ぶりかの方も、、、




Simg_4230_2

Simg_4233



それなのに、会った途端に、おしゃべり全開!、ヽ(^o^)丿
歳月のブランク、まったく、なし♪
最近のことは、どんどん忘れちゃうけど、
なつかしい名前に、、、昔話に、花が咲く、、、(*^_^*




Simg_4236


また、お目にかかれるのを、たのしみに、、、(*^_^*












2009年9月 4日 (金)

宮尾登美子著 "錦”



Imagescamkkgne


要旨
若くして京都・西陣で呉服の小売りを始めた菱村吉蔵は、斬新な織物を開発し高い評価を得る。

 
しかし模造品が出回り辛酸を舐めた末、
 
元大名の茶道具の修復をきっかけに、より高度な作品を手がけるようになった。
 
そして、ついに法隆寺の錦の復元に挑むが…。
 
織物に全てを懸けた男の生涯を描く渾身の大作。
 
宮尾文学の集大成。
 


龍村美術織物の初代・龍村平蔵(小説では菱村吉蔵)の生きざまを描いた長編小説です。
着物に造詣の深い方なら、どんなにか楽しめる一冊であることでしょう、、、
法隆寺裂、正倉院裂、名物裂などの古代織物の復元など、
その何かにとりつかれたかのような、
常人とは思えない並外れた仕事ぶりには、ただ、ただ、感服するばかりです。
さらに、彼を取り巻く三人の女性たちが、より深く、あでやかに物語を織り上げてゆきます。
ただ、わたし的には、やはり、""など、
女性を主人公にした著者の作品のほうが、好きだな、と思いました。

★★★☆☆














2009年9月 2日 (水)

ヤミーさん"フライパンひとつで!ビーフストロガノフ”


Simg_2582


なんだか、寒い、、ので、、ロシア料理のビーフスストロガノフ、を、、、

ご存知ヤミーさんの、”フライパンひとつで!、ビーフストロガノフ”、、、
トマトジュースとサワークリームで、、、こってり、ほっくりと温まりました、、(^-^)
  お残しで、明日のおばさんのランチは、、、ゆでたじゃがいもで、イタダキマス♪

ヤミーさん、いつもおいしいレシピをありがとうございます!、






« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ