« Snow Sprout(羊毛フェルト教室) | トップページ | 棚経の日に、、、 »

2009年7月 6日 (月)

有吉佐和子著 ”芝桜”



31667557


内容(「BOOK」データベースより)
津川家の正子と嶌代は将来の看板芸者と目されていた。

 
しかし、二人の性格は全く対照的だった。
 
実直で健気、芸者の通信簿でも、総牡丹(全甲)をもらうほど頭のいい正子。
 
美しく信心深いところがありながら、水揚げ前に不見転で客をとり、
 
嘘を本当と言いくるめて次々に男をかえていく嶌代。
 
・・・二人の芸者の織りなす人生模様、
 
女同士の哀歓を絢爛たる花柳界を舞台に描く。
 


ケリーちゃん
の書評で読んで、
何十年ぶりに、著者の本を手にとってみました。

蔦代って、いったい、何者なの、、、
その本性が知りたくて、どんどん引き込まれてしまいました。
それにしても、さすが、有吉佐和子、、、感服します、、、
さあ、次は、いよいよ、"木瓜の花”です♪










« Snow Sprout(羊毛フェルト教室) | トップページ | 棚経の日に、、、 »

読書(あ~さ)」カテゴリの記事

コメント

うぁーーーい!
早速読んでくださってありがとうございます。
激動の昭和も(知らないけど)すごくリアルに感じられるでしょう?
私も久しぶりに「芝桜」→「木瓜の花」を読み返して、有吉ワールドにまた懐古の気持ちを改めて抱いてしまい、今は「和宮様御留」がお傍で控えています(笑)!
それからきぬえさんご推薦の「壬生義士伝」も調達して参りました。
娘の長~い夏休みとともに、読むの楽しみですー。

有吉佐和子の本って何年 読んでないだろう~
最近、数独にはまっててあまり本、読んでないんだ。。。読みたい本はあるけど借りに行ったり買いに行くのが面倒で。 
今日も暑くてなーんにもする気がないしな~
ちょっと更年期障害かも

ケリーちゃん、
読み応えのある本でした、、、!
ケリーちゃんの書評を読まなかったら、一生縁がなかったと思います、
皇女和宮の本も面白そう~♪
これからも、いろいろ、グルメ情報とか、
ファッション通信、たのしみにしています、(^-^)
・・・、壬生義士伝も、とても、読み応えあります!


みえこ、
このごろ、ローマ字じゃなくて、平仮名にしたの?、
そのほうが変換が楽で、助かる~、(^^ゞ
有吉佐和子の本って、すっかりご無沙汰だったでしょう?
ブログってこういう情報が手に入るから、
もう、ほんとうに、重宝♪
みえこは、ちょっと更年期なの?
わたしは、ずっぽり、更年期だわ~、、、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Snow Sprout(羊毛フェルト教室) | トップページ | 棚経の日に、、、 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ