« スーザン・ボイル、スター誕生! | トップページ | カラーの花 »

2009年4月30日 (木)

きゃらぶきの作り方 (野ぶきの佃煮)

 

Img_1011_2


ヨシさん
に教えてもらって、大好物になった、きゃらぶきの作り方です。
毎年、この時期になると野ぶきを求めてハサミを持って、うろうろ・・・
だが、次第に宅地開発が進み、採集ポイントが失われてゆく。
ある時、ちょうど採集したフキに根っこがついているのを見て、
そうか、庭に埋めればいいんだと、ようやく気がついた!、
ふきのとうは、かわいいし、野ぶきは雑草止めになるので、一石二鳥。
あっという間に増えて、写真のように、、、!
このたくましい生命力を、分けていただきます、、、







 

Img_1042_2


これだけ好きだということは、私にはきっとかなりの薬効でありましょう、(^o^
・・・ 蕗には、抗アレルギー作用があるそうです、、、やっぱり・・・







Img_1048_5_5

 

ぽかぽか陽気の日に、るんるん気分で、
山のような野ぶきを、刈り取り、葉を落とし、
包丁やまな板、バケツを庭に出して、ざくざく切って、ざぶざぶ洗います。
・・・お水をたくさん使うので、ただ捨てるのももったいないので、庭の花木に、、、

 




 

 

001_2


大きな鍋にふたつに分けて、

お醤油を(お好みで少しのお酒とみりんも)、ドクドクとかけまわして、、、
・・・500gの野ぶきに、お醤油は80cc、
少しのお酒とみりん、、、
   それに、昆布をチョキチョキ切って入れます。

蓋をして、細火で、気長に、3時間くらい。
はじめは薄い色ですが、、、







 

 

Img_1069_1



三時間近くなると、次第に伽羅色になり、
煮込んでいくと、カサが減り、このひとつに、、、

タイマーを、初めのうちは、15~20分、
      煮汁が少なくなってきたら、5~10分おきにかけて、

「菜ばしなどでかき混ぜないで、鍋の取っ手を持って、ザッザッと揺すって、上下を返すんですよ」、と、
ヨシさんに、教わりました、(^-^)

鍋は立派な五層のステンレスの高級品より、景品で頂いたこのお鍋の方が
蕗を煮たり、ポップコーンを作るときは、なぜかおいしくできるのです。
・・・それはたぶん、鍋底の角が丸くなっているので、うまく上下を返せるからだと思います。







 

 

Img_1066_1_2


野ぶきは、ゴールデンウィークを過ぎると固くなってしまいますから、
やわらかいのがお好みでしたら、
その前に。
・・・わたしは、これくらいの固めの仕上がりが好きなので、毎年G.W.につくります。


アク抜きを、なさる方もいらっしゃるようですが、わたしは、しないです。
板ずりも、皮むきも、しないです。
これを教えてくれた ヨシさん が、なさらなかったので、
ざくざく切ってから、ざぶざぶとよく洗うだけです、、、

諸説あるでしょうけれど、
きゃらぶきは、えぐくて食べられない、ほどではないので、
アクもまた、、というか、アクこそが、薬効なのかもしれません。
  (ただ、蕗の葉っぱは、茹でこぼさないと、私はとても食べられない、です、、)

                 ® 2006年にアップしたことのあるリユース記事でした、












« スーザン・ボイル、スター誕生! | トップページ | カラーの花 »

クッキング(卵・その他)」カテゴリの記事

コメント

tomoさんのところでも見ました~~

ああ~~きゃらぶきの季節ですね~~
この時期、きぬえさんのきゃらぶきを
食べないとぉーー!

血液、サラサラになりた~~い♪

akkoさん、
わ♪、ほんとうですか♪、(*^。^*)
・・・じゃ、送っちゃお~!、(^^ゞ

これは売れるほどおいしい!!!

こういうものを作ることのできない私、、、

絶品じゃ!!

mieko,
お料理上手のmiekoに、
こんなに褒めてもらえるなんて~!、ヽ(^o^)丿
よしさんに、感謝しなくては、、、(^-^)

蕗の佃煮ってホント美味しいですよね~!
私も毎年作りますが、家の母がいりこ(煮干し)を入れて作ってたんで、真似てその方法で作ってますが、出しがきいて美味しくなりますよ(^^) 是非、試して下さい!

ヒロシさま、
アクが強くて、好き嫌いのわかれるところですが、
好きなひとには、たまらない、んですよね、(^-^)v
いりこ、入れたら、おいしそうですね♪
こんど、ぜひ、トライしてみます、
ありがとうございます!

ようやく美味しい作り方を発見?早速今日創ってみますが、同じようにできるかな~頑張ります❗ありがとうございました。👍


お口にあうといいのですが、、、

アク抜きも、皮むきもしない、ただ、洗って、お醤油でコトコトと煮るだけの、簡単レシピですが、
おすそ分けした友人たちには、これ、売れるよ!、と絶賛のお声を多々戴いております、
亡くなった義母に教えてもらった、私の自慢のレシピです、、、

キャラ蕗の煮物は今迄皮を先にとり、水に3~4度さらしてあく抜きをし、だし汁に梅肉、唐辛子を入れて炊いていました。箸が止まらなく、ついご飯を食べ過ぎていました。

佃煮はお店で売ってるのを見たことはあるのですが食べたことはありません。
従って、作るのは初めての挑戦です。だし汁の代わり水でいいのですか?
いつも目分量なのでどんなことになりますことやら・・・・、

★木漏れ日さん、
水蕗の煮物、わたしも大好きです、(^-^)
山蕗(野蕗)の佃煮は、わたしは、義母に教わったやり方で炊いていますが、
水もだし汁も加えません。
昆布をハサミで、チョキチョキ切って、多めに一緒に炊いています。
気に入ってくださるお方が結構いらして、毎年楽しみにしていてくださるので、
わたしもまた、励みになり、張り切って炊いております、(^▽^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーザン・ボイル、スター誕生! | トップページ | カラーの花 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ