« 魚籃坂にて | トップページ | デンマーク手工芸ギルドのクロスステッチ »

2007年6月 1日 (金)

生活クラブの”鳥はむの作り方”(失敗なし編)


Img_6119


おいしい”鳥はむ”が簡単に作れます。
安くて、カンタン、高タンパク、低脂肪、しかも、無添加!
子供のおやつになりますし、サンドイッチに入れたりと、重宝します。
ゆで汁で、おいしいスープが取れて、カレーやシチューが作れて一石二鳥です。
作り方は、、、





材料
鶏ムネ肉、2~3枚(皮は好みで取っても取らなくても)
塩、一枚につき小さじ1
コショウ、一枚につき小さじ1
はちみつ、一枚につき大さじ1程度(なければ砂糖でも)
ジップロック、一枚 (なければラップやビニール袋に変更可)

①鶏ムネ肉に、分量のはちみつをまんべんなく塗る。
②次に塩を、全体にじゃりじゃりするほどすりこむ。
 (あとで塩抜きをするので、しっかりまぶします。)
③こしょうを、まんべんなくふります。
 (やや多いくらいがしっかりスパイスの味がつき出来上がりに差が出ます、
  ここで好みのハーブ類を追加も可)
④密封できる袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で2日間寝かせます。
  (寝かせている間に水分がでたら捨ててもかまいません)
⑤2日間塩漬けしたら、塩抜きをします。
 ボウルに水を張り、軽く水洗いした鶏肉を30分~1時間程度つけます。 
 (1.5%程度の塩水にすると、
 むかえ塩といって鶏肉の成分が流出せず、かつ塩分を効率よく排出できます。
⑥その間に、直径20cm前後の鍋にお湯を沸かし、沸騰したら、鶏肉を入れ、
 再沸騰したら火を止めます。
あとは、蓋をして最低限冷めるまで、6~8時間放置したら完成です。
 (夏場は冷めたら、スープにつけたままで、冷蔵庫で保管したほうがよい、)


Img_6126


普通はスライスしますが、
今回はさいて、
ラビコットソースで頂きました、(^-^)






« 魚籃坂にて | トップページ | デンマーク手工芸ギルドのクロスステッチ »

クッキング(お肉)」カテゴリの記事

コメント

これ絶対 作る!!

★mieko,
これなら、たべられるの~?
よかった~♪、(*^。^*)
ほんとうに、ハムみたいでおいしいよ~!

をををを~~~
美味しそう~~~
ラビコットソースなんて、洒落てる~~

早速明日ムネ肉買ってきて、やってみます~☆

★あっこさん、
今回は、ムネ肉三枚作ったので、
ラビコットソースかけたりもしましたが、
な~んにもつけなくても、おいし~です♪、(*^。^*)

とっても美味しそ~!!
サラダの具材にいいですね。

私はムネ肉よりモモ肉の方が好きなんですが、
モモ肉で作っても大丈夫ですよね??

★電気屋の女房さん、
もも肉の方がクセがなくて、うま味も濃いそうです、
うちは、ムネ肉専門です、・・・、(^^ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魚籃坂にて | トップページ | デンマーク手工芸ギルドのクロスステッチ »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ