« ウラジロの春姿 | トップページ | あさのあつこ著 "バッテリー 全六巻” ★ »

2007年4月 7日 (土)

もったいない、てんぷら油の巻



6f_007



昔、結婚したばかりのある日、超美形のモデルAちゃんがご飯を食べに来てくれました。
彼女の、凛としたその美しさは、近寄りがたく神々しいほどで、
並み居る男たちは、ただ、遠くから眺めているばかりでした、、、

その夜は、揚げ物でしたが、
油が古くなっていたので、固めるテンプルを使って、捨てようとしていたら、

"
ね~、なんで、捨てるの?”と、Aちゃん。
"
だって、もう古いから・・・”
"
それ、炒め物とかするときに、少しずつ使えばいいじゃない?、
 それで、少なくなったら新しい油を足してゆけばいいのよ~”

・・・、(_)、え?、
、、、、い、いいの?、(+_+)

そして、それ以来、ン十年、一度もてんぷら油を捨てたことがないのでした、、、

この世の人とは思えない美しさの持ち主、Aちゃんは、
ものすごい、ひょうきん者でもありました。
そして、長く伸ばして、きれいにマニキュアをぬった爪で、
上手においしいご飯を作るのです。
いろいろなことを教えてもらったのでした、
Aちゃん、ほんとうに、ほんとうに、ありがとう、(*^_^*)









« ウラジロの春姿 | トップページ | あさのあつこ著 "バッテリー 全六巻” ★ »

もったいない、・・・の巻」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。
「おばさん」のキーワード?でこちらにきました。
ガーデニング、レシピ、本、多趣味なカテゴリーが
綺麗な写真で紹介されていて、とても楽しいブログですね。

ジョージ秋山に、「年代近い?」と反応してしまいました(笑)

★バルさま、
始めまして、こんにちは、(^-^)
ひまなおばさんのひとりごとですが・・・、(^^ゞ
どうぞ、よろしくお願い致します、m(_ _)m
ジョージ秋山、・・・、同年代、ですね♪

以前、古い油は肝臓を悪くするって言われてから捨てるようにしてるんだけど、大丈夫なんだね!

今度から、こうやって使おう。
川も汚さず、一石二鳥だわ!!

★mieko,
炒め物するとき、目玉焼き焼く時、少しずつだけど、どんどん使うので・・・
揚げ物した時、オイルポットの底に溜まったオリのようなものは、
きれいにふき取って、捨ててるの、・・・
それにしても、20代の若い頃ならともかく、
主婦歴、ん十年ともなると、それなりのやり方、こだわり、があるでしょう?
もし私だったら・・・?、って、考えちゃった・・・
へ~、とは思っても、生活を変えるのってすごく勇気がいるもの・・・、
miekoって、こころが、やわらかいんだな~って、
思わず、感心しちゃった・・・♪、(*^_^*)

ここには関係ないけど、花わさびGETしたわよ!!

楽しみ!
今、レシピ覗いたから、お稽古から帰ったら作るね♪

★mieko,
花わさび、
きっと、miekoも、気に入ると思う~♪
ご飯にも、お酒にも・・・(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウラジロの春姿 | トップページ | あさのあつこ著 "バッテリー 全六巻” ★ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ