« ”やっぱり「終のすみか」は有料老人ホ-ム” | トップページ | ロバート・ウェストール作 "ブラッカムの爆撃機" »

2007年3月14日 (水)

奥薗壽子さんの春菊のサラダ




Img_4397


奥薗壽子さんの春菊のサラダです♪ 
つくり方は、、、










奥薗さんのページより、、、

材料
春菊・一束、
ごま油・大さじ1、
かつお節・1パック(5g)
しょう油、酢・各大さじ1、
白ゴマ・たっぷり

1、春菊は葉っぱだけをちぎり、食べやすい大きさにさらにちぎってボウルに入れる。
2、ごま油を回し入れて全体にからめたら、かつお節も混ぜる。
3、しょう油と酢を混ぜて白ゴマをふって出来上がり。



春菊って、お鍋に入れるか、
サッとゆでておひたしにするかしか料理法を知らないという方、
春菊ってちょっとクセがあってあまり好きじゃないという方、
ぜひ一度生のままサラダで食べてみてください。
加熱したときとはぜんぜん違うおいしさが味わえます。
おいしく作るポイントは、葉っぱだけをちぎった後、食べやすく切って、
ゴマ油から、ひとつひとつ順番に混ぜていくこと。
最初に油をからめることで全体に味がなじみやすくなるのと、
油でコーティングされるので、葉っぱがすぐにシナシナになるのを防げます。
カツオ節を混ぜることでうまみをプラス。
さらに多少水が出ても、吸い取ってくれます。
葉っぱをちぎった後の軸は、食べやすく切って、
ゴマ油でサッと炒めて、キンピラ風に味つけすると、おいしいですよ・・・








Img_4393


茎はナムルにしました♪
茎をさっと湯がいて、食べやすい大きさに切って、
ごま油、ニンニク、すりゴマ、しょう油でナムルに・・・

炒めたきのことあわせても、これがまた、おいしいんです、(^-^)











« ”やっぱり「終のすみか」は有料老人ホ-ム” | トップページ | ロバート・ウェストール作 "ブラッカムの爆撃機" »

クッキング(野菜)」カテゴリの記事

コメント

春菊、あー食べた~い!こちらではたまーに日系スーパーで見かけますが、高~いのです。春菊をはじめ、私が好きな柚子、ミョウガなどが手に入らないとき、ああ、ここは日本じゃないんだ・・・と痛感します。今月27日から4月10日まで帰国するので、たらふく食べ溜めするつもりで~す。

★Mitsueさま、
お久しぶりです~、(^-^)
ベランダはありますか?、春菊はプランターでもタネを蒔くと、
すくすく伸びてきます。とても、強いのです。
ほっとくと花も咲いて、二度楽しめます。

柚子は、持ち込めれば、皮を小さく削って冷凍できます。
ほんのひとかけらで、充分ですから、
おススメです~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥薗壽子さんの春菊のサラダ:

« ”やっぱり「終のすみか」は有料老人ホ-ム” | トップページ | ロバート・ウェストール作 "ブラッカムの爆撃機" »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ