« ライムポトス | トップページ | いづみ先生のキッチンヒント♪ »

2006年3月24日 (金)

小笠原でホエールウォッチング、カメの放流


Furuk2_thumb


この春休みは、小笠原へホエールウオッチング!
体長14m、40トンの巨体が、ゆっくりと海面にその姿をあらわす・・・
ゆっ~~~~~~たりと、弧を描き、
最後に尾ビレを見せて海に潜ってゆく様は、まさに、王者の風格・・・・
予測不可の、間近で繰り返されるショーは、何度見ても、飽きることがなく、
日頃、細かく計算しては、チョロチョロ生きている己と比べては、ため息をつくばかり・・・




Img_0938_2_thumb


それから、アオウミガメ。
里親になった私は、トートバッグ、ボールペン、ポストカードを頂き、
”さぶろう”、と名付けたカメの子供を浜で放流させて頂きました。
果敢に泳ぎだしたものの、何度も浜に戻されては、また、かわいい手足を必死に掻いて
一生懸命外洋に乗り出してゆく、さぶろう・・・
そして、彼らを支える、小笠原海洋センターの若い人たち。
見るからに利発そうな石間さん、ヴァンを運転して下さった寡黙な青年、油田さん、
みなさまに、幸多かれと祈りつつ・・・

小笠原海洋センター
小笠原、父島のミニアルバム









« ライムポトス | トップページ | いづみ先生のキッチンヒント♪ »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

気持ちよさそ~。うらやましい。。。

こんな大きな海と、そこに生きる生物たちを間近に眺め、ボーッとしていたら、鬱もストレスも吹っ飛んで、体中がスッキリ空っぽになるでしょうね。10年前にラハイナの沖で鯨を見ましたが、体調の悪い時期だったので、珍しく船酔いして・・・。

★mieko,
うん、(^-^)
すっご~く、きもちよかった・・・
ゴミひとつない、きれいな枝サンゴや貝殻の浜で
ごろんと横になって・・・(*^_^*)
・・・・・
さーて、と、、お茶碗洗って、お風呂入れるか・・・(-"-)

★ばら色婆ァバさま、
父島は、湾の水でさえ、すっかり透き通っていて、
野生のマンゴーがなっているし、
南国です♪
本土生まれの若い人たちがたくさん働いていました。
命の洗濯がゆっくりできる、すてきなところでした、(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59297/9240064

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原でホエールウォッチング、カメの放流:

« ライムポトス | トップページ | いづみ先生のキッチンヒント♪ »

大好きな本

  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 和田 竜: のぼうの城
  • あさの あつこ: バッテリー
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 妹尾 河童: 少年H
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 金城 一紀: GO
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • F・サガン: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ