« この世で一番、ウマいもの | トップページ | 旧白洲邸、武相荘 »

2005年10月13日 (木)

チック




Img_6374name


まだ子供が小さかったある日、
あれ?、この子、チックじゃないか?、と思い、とても不安になり主人の帰りを待ちわびて、
”チックじゃないか、と思う”、と言うと
”チックって、なんだ?”
え?、知らないの?、こうこうこうで・・・”

”へええ!、そうだったのか、、、
 じゃ、俺、チックだったんだ、なんだ、そうだったのか!♪
 そっか~、知らなかったなあ”

(
・ ・)

”お父さんやお母さんは、なんて言ってたの?”
”オヤジもお袋も、
 おい、見ろ、あいつ、また、首振ってるぞ、
 ヘンな奴だなあ、痛くねえのかなあ・・・?
 お、今度は、火鉢にぶつけてるぞ!、
 バッカだなあ・・って、笑ってたんだ・・・
 でも、自分でも、どっか悪いんじゃないかって不安だったから、
 ふたりが笑ってるのを見て、だいじょうぶなんだって安心した、
 だから、ほっとけ・・・”

・・・って、いいのか?、と、思いつつ、
まあ、経験者がそう言ってるんだから、、ま、いっかと、ひとあんしん。
だけど、なかなか治らないので、また心配になってきた。
いろいろなことを相談していた姉御のような、Eさんに、聞いてみると、
”え、チックなの?、あら、いいわねえ、
 たけしとか、石原さん(現都知事)とか、
 才能豊かな人には、チックの人が多いのよ、
 だから、わたしなんか、一時、チックのふりしてたことあるんだから。
 そう、チックなの、いいわねえ、よかったわねえ・・・”

・・・って、いいのか、これで・・・?
中学生になった次男、このところ、ひどくなってる。
いいのか、ほっといて・・・?













« この世で一番、ウマいもの | トップページ | 旧白洲邸、武相荘 »

うちの子たち・・・」カテゴリの記事

コメント

ぼくも小学生の頃、親が「うちの息子チックなんじゃないかしら。でも明るくて元気から大丈夫だよ」とわけのわからないことを言っていて、自分でもなんとなく安心していたのを覚えています。今は、社会人としての自分、家庭人としての自分に自信を持っています(笑)

メイもチックが少しあるよ。彼女の場合はテレビを見てる時とか何でもない時に眼を強く閉じたりしてる。幼稚園の頃に気がついて、放っておいたけど、中学になってもまだ続いているから、お医者様に聞いてみたの。チックには違いないけれど、原因は不明。結局 何をするでもなく放置してる。Dr.に言われたのは「本人に言わない事。」意識すると余計ひどくなるらしい。”才能豊か”とは思えないけど、感受性の強い子だと思う。命奪わないから、あんまり気にしない方がいいよ。でも、親って気になるよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チック:

« この世で一番、ウマいもの | トップページ | 旧白洲邸、武相荘 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • F・サガン: なんでも
  • R・チャンドラー: 長いお別れ
  • R・B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ