« 自民圧勝 | トップページ | 最強のデトックス食品 »

2005年9月19日 (月)

ダイソンの掃除機




Img1002882430_thumb


初めてダイソンを見たのは,江戸川区のイトーヨーカドーだった。
あまりのカッコよさに目をうばわれ、立ち尽くしてデモに見とれていた。
国産主義の私だけど、目詰まりしないということに惹かれて
五万五千円!
10年使う事を考えれば、いっか!?、、、一年間、5500円じゃん?
思い切って買いました、DC05、アブソリュート

音はうるさいし、重いけど、この吸引力が、たまらな~い♪
紙パックも要らないので、ストックする心配もないし♪
快適~~~♪
毎日、ハンサムなイギリスの家来をお供にお掃除♪
ゴキゲン♪
そして、4年目に,間もなくなろうというとき、

・・・こわれた・・・(--;)
・・


電話すると、修理は、1万、モーターなら、2万とのこと。
・・・毎日使う物なのに・・・、未だ、三年なのに・・・
・・・やっぱり、国産にしとけばよかった・・・と
後悔一色の私の耳にダイソンのオペレーターの声が・・・
”ユーザーの方の買い替えには、ただいま半額キャンペーンをしておりまして・・・・”
*?★○#・・半額?

価格コムで調べると、7万円台のDC12が、36,900円。

・・・で、また、かっちゃった・・・
なんで、こんなに、半額って言葉に弱いのか・・・










« 自民圧勝 | トップページ | 最強のデトックス食品 »

コメント

それって、機械にはずれたのかな~?私、すごく欲しいんだけど、あの重さに躊躇してる。私の指の関節が痛んでいるの知ってる?1度電気屋さんで持ち上げてみて諦めた。犬が2匹も家の中にいるから、”優れもの”と感動したんだけど、重量が”優れもの”じゃなかった。ダイソンの人!スーパーの安い紅茶をウエッジウッドのカップで気取って”ティータイム”していいから、軽いの作って!!日本の女性はひ弱なんだから!

実家におそろしい掃除機がある。
それはもう15年以上前にいとこにすすめられて買わされた掃除機だ。(外国製なのは確か。)
吸引力は抜群で、中に水がはってあるからほこりもしないとかなんとか、、、、。アレルギーのあるうちには最適!!
でも恐ろしく重いのだ。そんでまた洗う時がちと面倒なのだ。
その当時、おっそろしく高かったような気がする。

母がその掃除機を使っているのをあまり見なかった。ただ、「買わなきゃよかった。」という文句は何十回と聞かされた。

miekoちゃんへ、うーん、確かにダイソンは重いかも?、でも、2階に持ち上げるのでなければ、掃除機はほとんど引きずってるから・・・私も、持ち上げるのは階段下の収納庫から出すときと仕舞う時だけ。私はコードもそのままで、ドサッとほおりこんで、オシマイ、(^^;)、だって、毎日使うのに、なんで毎回コードを巻き取らなきゃならないのか、ワカンナイ♪

おー♪、りょうたろうではないか?、読んでいてくれたのか?、(:-:)、
その掃除機って、あの、有名なミーレなの?
いつも、掲示板にダイソンと並んで、人気ナンバーワンの?
なんだか、すっごく、見てみたい気がする~♪

miekoちゃんへ
今日、DC12届いたんだけど、05に比べるとひとまわり小さいし、軽くなってる♪、国産の軽いのには及ばないけど、かなりいいかも?、今度電気屋で見かけたら試してみては?

今度 電気屋さんで見つけたら、持ち上げてみる。ありがとう!電気製品って 選ぶのが難しい。ちょっと前にフードプロセッサーを買ったけどリサーチの結果アメリカ製のにした。電動缶切りも そうだったけれど、”手抜き電化”はアメリカは優れている!やっぱ、合理的なんだね。

価格コムの掲示板にヘッドがクネクネするって書いてあったけど、その通りなの。慣れるのかも知れないけど今の所すっごく、使いづらい、(--;)、ヘッドの幅が狭くなってて、それも気に入らない、(--;)、その上、厚さが増しているので、今まで入ってたテレビ台の下の隙間に引っかかる、(--;)、ヘッドが私には不適合で、DC12は、チョット、おススメできないかも・・?

くねくねヘッドには少しずつ慣れてきた、(^-^)、幅が狭いので家具と家具の今まで入らなかった隙間にも入ることを発見したせいか、寛容に・・・(^o^)、テレビ台の下にもパイプごとしっかり寝かせれば入ることを発見した、が、手元スイッチの近くに着装してあるブラシ類が、その際、ころりと落ちてしまう。それら3点は軽少化したせいか、簡単に外れてしまう。スイッチはon/offの2点式から、強弱オフの3点式に変わったが、以前は見なくてもスイッチの切り替えができたのに、いちいち目視しなくては、できなくなった・・・人間工学上、よろしくないと思われる。何より強では強すぎ、音もすごいし、弱では弱すぎ、中間ってないのか、国産なら、あるぞ、ゼッタイ?・・って、ホント文句多いな、わたし?、(^^;)
だったら、オバハン、自分で作ったら?ッて言われても困るので、大人しくしてます、、
ハイ、

今、日本製の一番”仕事率”の高い掃除機を使ってるの。買う時に電気屋さんのおじさんと相談した結果、「紙パック式」を買ったんだ。理由は犬の毛。フィルター式(?)だと都度、掃除をしないといけないって聞いて、それは我が家には合っていないと判断。だって、紙パックの中はゴールデンの「毛」だけって感じだもの。ダイソンは吸引力は信じてるけど、掃除は楽?(フィルターの)

フィルター(スポンジ)の水洗いは半年に一度と取説には書いてある。シリンダーのゴミはMAXラインまで溜まったら、捨てるようにとも。でも、掲示板では犬を飼ってる人の中には、気になるので毎日捨ててる人もいるみたい。溜まったゴミの処分方法について、掲示板でいろいろ書かれてるけど、わたしは、ゼンゼン気にならないかな?、それより、ヘッドのクネクネと、手元スイッチが問題じゃ!、それに、付属のブラシを前は手元に付けられたのに、DC 12は、ヘッドの所にしかつけられない、(--;)、どこか、実際に動かしてみれるところがあるといいんだけど、・・・そうだ♪、うち、くれば?

芽衣も会いたがってたし、今度 行くわ!ダイソンの おお試ししながら、きぬえの家を お掃除するわ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイソンの掃除機:

« 自民圧勝 | トップページ | 最強のデトックス食品 »

大好きな本

  • あさの あつこ: バッテリー
  • サガン: なんでも
  • チャンドラー: 長いお別れ
  • ブレイディみかこ: ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
  • ユン・チアン: ワイルド・スワン
  • 三浦 しをん: まほろ駅前多田-
  • 中坊 公平: 金ではなく鉄として
  • 中脇初枝: 世界の果ての子供たち
  • 伊与原 新: 八月の銀の雪
  • 伊坂 幸太郎: 重力ピエロ
  • 住井 すゑ: 橋のない川
  • 冲方 丁: 天地明察
  • 原田 マハ: 太陽の棘
  • 司馬 遼太郎: 竜馬がゆく
  • 吉田 修一: 国宝
  • 和田 竜: のぼうの城
  • 夏川 草介: 神様のカルテ
  • 天童 荒太: 永遠の仔
  • 妹尾 河童: 少年H
  • 宮田 輝: 流転の海
  • 小川 洋子: 博士の愛した数式
  • 山崎 豊子: 沈まぬ太陽
  • 山崎 豊子: 大地の子
  • 山本 周五郎: なんでも
  • 山本文緒: 自転しながら公転する
  • 山田 詠美: アニマルロジック
  • 帚木 蓬生: インターセックス
  • 帚木 蓬生: 三たびの海峡
  • 恩田 陸: 蜜蜂と遠雷 
  • 新田 次郎: アラスカ物語
  • 東山 彰良: 流
  • 桐野 夏生: グロテスク
  • 沢木 耕太郎: 深夜特急
  • 浅田 次郎: 壬生義士伝
  • 浅田 次郎: 中原の虹
  • 畠中 惠: しゃばけ
  • 百田 尚樹: 永遠のゼロ
  • 百田 尚樹: 海賊とよばれた男
  • 石森 延男: コタンの口笛
  • 石田 衣良: 4TEEN
  • 篠田 節子: 長女たち
  • 金城 一紀: GO
  • B・パーカー: スペンサー
無料ブログはココログ